芸能

「お前も謹慎しろ!」ノンスタ井上の警察沙汰バカ騒ぎ報道に非難ゴウゴウ!

 深夜に自宅でダンスミュージックを大音量で流しながら複数の男女でバカ騒ぎし、警察が駆けつける騒ぎになっていたことを7月18日発売の「女性セブン」で報じられた、ノンスタイルの井上裕介。

「直撃された本人によれば、ふるさと納税で届いた和牛で焼き肉パーティーをしていたという。警察沙汰になったことは初めてではなかったようで、直撃された本人は『今後は窓を開けてはしゃがないようにします』と、少々ズレた謝罪をしてましたね」(ネットウオッチャー)

 これにネット上では批判の声が収まらず〈窓を開けていようが閉めていようが、深夜の住宅街で騒ぐなやバカ〉といったものから、過去に起こしたトラブルを出され〈まったく反省していない〉〈もう一度謹慎しろ〉など厳しい意見が飛び交っている。

「吉本興業が闇営業問題で大揺れしている時だけに、所属タレントとしての意識が薄すぎると言えます。指摘されている通り、井上は16年にひき逃げなどで書類送検(不起訴処分)され活動自粛に追い込まれている井上ですが、その期間はたった3カ月。今回の言動を見ていると当時の頭の冷やし方が足りなかったんじゃないかとすら思えますね。しかも、活動自粛の経験を踏まえたような調子で、闇営業で謹慎中の宮迫博之や田村亮について“矢面に立つ勇気が必要”なんて、もっともらしい発言をしており、おかしな話ですよ」(芸能プロ関係者)

 性格まで“ブサイク”なのか、とツッコミたくもなってくる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】