スポーツ

落合博満、手首切り自殺未遂激震告白「キヨシ頑張れと優勝催促」

 今年は大谷にしか興味がないと言いつつも、落合氏はやはり教え子のことは気にしている様子。

「もう一つ、あげるとすりゃ、岩瀬かな」

 と、球界随一のクローザー、中日・岩瀬仁紀(38)を指名するのだ。

「日本で初めて300セーブを超えたのが岩瀬なんです。今年は(ケガや不振など)何もなければ350セーブを超えます(開幕時点で通算346セーブ)。で、来年ちゃんとやってくれれば400セーブは超えるんだろうと思う。これが200勝、2000本(安打)という目標があって、(過去に)何人もの選手がそれを通過しているというのとは立場が違う。彼の上には誰もいない。これがいちばんつらいこと。岩瀬はその目標がボケている。そこを指導者がうまく『お前はできるんだから、何が何でも石にかじりついても400っていう記録を作れ。400行ったら450っていう記録を作れ』と、意気に感じる使い方をしてくれれば、もう一回あいつはよみがえるだろうな。若干、今の体制には不安はあるんだけど」

 高木守道監督(71)にチクリとイヤミをかましつつも、

「近藤真市(投手コーチ)がベンチに入ったということは我々の教えを受け継いでいますから、そのへんをフォローしてくれるんじゃないかなと思います」

 一昨年までの落合・森繁和ヘッドコーチ体制の下で投手コーチだった近藤コーチに期待しているのだが、

「落合氏が高木監督への不安を漏らすのは、野手出身の自分が『知らないことには口を出さない』という信念のもと、投手交代はコーチ任せだったのに対し、高木監督は昨年、投手起用を巡って権藤博投手コーチと大口論を繰り広げたから。また暴走してガンガン口出しをされると困る、ということです。近藤コーチは権藤さんと違ってはるかに若いから、意見しにくいでしょうね」(中日担当記者)

 落合氏はペナントレースの行方にも言及。特に「同級生」は気になるようで、

「巨人はどうやったって優勝するもん。これは負けるほうが難しいよな、って言って、そこにどうやって勝つかということを考えて、やり方によってはこれで勝てるんだぞって、この喜びを各球団の監督は持ってくれないと。最初からAクラスでいいって言うんなら、みんな辞めちまえ。何で優勝するって言わないの。キヨシ頑張れ。そろそろ定位置から抜け出してくれないとな」

 DeNA・中畑清監督(59)に、最下位脱出どころか優勝せよとの強烈エール、いや催促である。

 司会者の制止を振り切り予定時間を1時間以上オーバー、160分も猛毒を吐きまくった落合氏。最後の野球に関する質疑応答が終了してもなお、会場も記者も「自殺未遂告白」の衝撃に揺れたままだった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
2
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
森七菜、髪型イメチェンで「完全に広瀬すず化!」ファンがザワザワ
5
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?