スポーツ

セ・リーグ元審判員が語る“プロ野球スーパースター列伝”「ストライクゾーンを巡り…」

 人気低迷が叫ばれて久しい日本球界。有力選手のメジャー流出、3連覇を逃したWBC、今季も開幕前から人気凋落に拍車がかかる出来事が続いた。あの夢中になった球場の光景はどこへ行ってしまったのか──。再び球界に輝きを取り戻すべく、元審判員が間近に見た「スーパースター」たちの秘話を激白した。

 91年4月16日、この日は忘れられない1日です。審判員となり、初めて一軍公式戦で球審を務めたのですからね。神宮球場の「ヤクルト対中日」戦でした。そんな記念日を忘れられないものにさせたのは、当時の中日の4番打者、落合博満選手のひと言でした。

 試合開始直後こそ、私も緊張でガチガチでしたが、回を追うにつれて余裕も出てきました。落合選手が並の選手ではヒットにできないであろうコースをみごとに打ち抜く姿に、さすが大打者だと感心もしました。

 そして、迎えた落合選手の最終打席。フルカウントからのアウトコース低めのストレート。落合選手は悠然と見逃しましたが、私は自信を持って「ストライク」とコールしました。

 すると、落合選手は大きく息を吐き、

「篠、ボール半分低いぞ」

 とひと言だけ言って、抗議もせずに退いたのです。むろん、判定には自信はあります。しかし、目の前で超一流のバッティングを見せられた大打者に判定を否定された。これは、私の心に重くのしかかりました。審判を続けるには、「誰にも否定されない判定をしなくては」と誓ったものです。

 そのあと現れた天才打者のイチロー選手。落合選手とは違うタイプのバッターでした。イチロー選手がオリックスに在籍していた頃、私は横浜のキャンプに帯同し、そのままオープン戦「横浜対オリックス」の球審を務めたのです。

 イチロー選手の第1打席、1球目、斎藤隆投手が投じたインコースのストレート。私は「ストライク」とコールした瞬間、“やばい”と思いました。ボール1個分ぐらい外れていたのです。

 しかし、見逃したイチロー選手は前を向いたまま、

「いっぱいですか?」

 と聞いてきたのです。私も「そうだ」と答えました。

 その会話を聞き逃さなかったのが谷繁元信捕手でした。次も、まったく同じコースを要求したのです。見逃されたらどうしようと思った瞬間、イチロー選手はその球をライト線いっぱいに入る二塁打にしたのです。

 瞬時に、相手(審判)のストライクゾーンに合わせる技術を持ち合わせていたのです。これには驚きました。

 プロ野球選手同士がせめぎ合う現場に最も近い場所にいる審判。篠宮愼一氏は82年から97年までの16年間をセ・リーグ審判員として、多くの現場をジャッジしてきた。今回、「誰も知らないプロ野球『審判』というお仕事」(小社刊)を上梓し、常に“10割打者”のような正確な判定を求められる過酷な職業の内幕を描いた。今回はペナント開幕を記念して、審判独自の視点でスター選手の実像を語ってもらった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?
5
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身