芸能

これからが正念場!元HKT48・兒玉遥、かつての体型を取り戻しファン安堵

 本当に頑張らないといけないのはこれから?

 元HKT48の兒玉遥が8月2日に自身のツイッターを更新。涙ぐましい努力により衝撃のビフォーアフターを遂げたことを報告している。兒玉は〈痩せたな~。過去を笑える日が来てよかった!! 今も週3くらいで、弱音吐きまくりながら筋トレしてます〉とコメントして、現在の水着写真と、ピークで太っていたHKT時代の写真を並べて公開している。

 週3で筋トレを取り組んでいるということもあって、みごとにダイエットに成功しており、現在の水着写真は見るからにスリムボディといった感じだ。

「HKT48在籍当時は1期生メンバーであり、指原莉乃、宮脇咲良に次ぐ人気メンバーだった兒玉。残念なターニングポイントとなったのが16年の『NHK紅白歌合戦』ですね。AKB48は『夢の紅白選抜』と題して、紅白の舞台でメインで歌唱する16人を視聴者投票で決める企画を行い、生放送中に16位から生発表していますが、そこで兒玉は最後まで名前を呼ばれることはありませんでした。兒玉は同年6月に行われたAKB48グループ選抜総選挙で9位に入っていたこともあり、ラスト2位までに名前が呼ばれなかった時には自身の1位を確信して、喜ぶ姿がカメラに映し出されていましたが、結局は呼ばれなかったため、その後号泣している様子がお茶の間に流れてしまいました。以降の兒玉は活動を一時的に休止、ようやく復帰してもそのストレスを引きずり、明らかに激太りしたと話題になりましたね」(アイドル誌ライター)

 兒玉は今回の投稿に続けての投稿では〈今の自分も昔の自分も全部自分。自分を受け入れることって時間がかかるし難しいけど前に進むためにめっちゃ必要〉とコメント。グループを卒業して女優として再スタートを切った今過去の自分とはしっかり決別できたようだ。

 全盛期のビジュアルを取り戻した兒玉にファンからも「はるっぴ、ダイエット頑張ったんだね」「女優はるっぴの活躍を期待しています」「すっかり大人になったね」など、安堵の声が上がっている。

「ただ、体型がもとに戻ったところで仕事がバンバン入ってくるほど、女優業は甘くはありません。また、兒玉の場合はHKT卒業も突然のことで、ファンにしっかりとした報告があったわけでもありませんから、お世辞にもきれいな卒業の仕方ではありませんでした。それに指原はタレントとして安定した活躍を見せ、宮脇も日韓合同グローバルガールズグループ・IZ*ONEのメンバーとして変わらぬ輝きを放っていますから、2人に遅れをとっていることは間違いありません。そのため、ここからが本当の正念場ともいえるでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 とりあえずは太りやすい体質であることは間違いないだけに、まずは体型維持を頑張っていくべきだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬