芸能

ロケバス運転手は見た!美女タレント「放送できない驚きの実態」(1)「タレントから接触」はセーフ

 映画やドラマ、バラエティー番組にグラビアの撮影と、移動のほか衣食住に欠かせないのがロケバスだ。ふだんは気にも留めていなかったが、新川優愛と運転手の結婚発表で注目度が一気にアップ。そこで匿名ロケバス運転手たちを招集し、カメラの回っていない密室でのドラマを明かしてもらった。

──本日はクソ暑い中、ホットな話題のためにお集まりいただきまして、ありがとうございます。さっそくですが、新川優愛さん(25)の結婚発表について率直な感想をお聞かせください。

A(運転手歴19年) まず無礼を承知で言っちゃうけど、タレントから見て、ロケバスのドライバーなんて恋愛対象にならんだろう。よほど見た目や性格がよかったのかと思うね。

B(運転手歴10年) でも、ロマンのある出来事ですよね。女子アナや女優が一般人と結婚といっても、医者やIT社長のような収入、地位があって、ステータスが浮世離れした人がほとんどだから。

C(運転手歴28年、現在は引退) おったまげたよ。今回のは正真正銘の一般人だもんな。収入も一般のサラリーマンと変わんねぇだろう。昔、照明技術者と結婚した時の島田陽子(66)と重ねちゃうよ。

D(運転手歴8年) 奇跡も奇跡。僕の周りで「ロケバスの運転手も業界人じゃん」なんて言うヤツがいるけど、そんな頻繁に芸能人と交流があるわけじゃないんだから。

B 基本的に「タレントとの接触はNG」とドライバーに教育しているロケバスの会社が多いですからね。

A そうそう。特に契約書を交わしているとかじゃないんだけどね。

B トラブル防止が一番の目的なんでしょう。媒体やクライアントにもよりますけど、時としてスタッフとタレントには一定の距離感を求められるケースが多いですね。

D そうそう。特に広告絡みの仕事は厳しいですよ。最悪の場合、干されるって話もよく聞くし。

A ああ、俺の知り合いに長期ロケをやってたバラエティー番組の制作スタッフがいて、たまたま別のCM撮影の現場で出演者のアイドルグループと一緒に仕事をすることになったらしいんだよね。気心の知れた仲だったから、お互いに軽口を交わしながらの収録で、とても和気あいあいとした雰囲気の現場だったけど、そのスタッフは次の現場から急に呼ばれなくなったって。

B 恐らく、広告会社がその先にいるクライアントを過剰に警戒したんだと思います。人気タレントが限られた一般人と仲よくしているのを第三者に見られたら、CMのイメージダウンにつながりかねないなんて考えたんでしょう。

──では、会話するどころか、ひそかに交際して結婚にまで発展したという今回の新川さんのケースは完全にアウトではないですか。

C 今回はタレントのほうから積極的に接触したから、特例でセーフなんじゃないの(笑)。

A 彼女が使った「忘れ物をしました」ってドライバーに話しかける手口だけど、実際、タレントの忘れ物はよくあるよ。1週間もロケしてれば、1つは出てくる。グラドルや女優のスマホの忘れ物なんてしょっちゅうだよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!