芸能

ロケバス運転手は見た!美女タレント「放送できない驚きの実態」(1)「タレントから接触」はセーフ

 映画やドラマ、バラエティー番組にグラビアの撮影と、移動のほか衣食住に欠かせないのがロケバスだ。ふだんは気にも留めていなかったが、新川優愛と運転手の結婚発表で注目度が一気にアップ。そこで匿名ロケバス運転手たちを招集し、カメラの回っていない密室でのドラマを明かしてもらった。

──本日はクソ暑い中、ホットな話題のためにお集まりいただきまして、ありがとうございます。さっそくですが、新川優愛さん(25)の結婚発表について率直な感想をお聞かせください。

A(運転手歴19年) まず無礼を承知で言っちゃうけど、タレントから見て、ロケバスのドライバーなんて恋愛対象にならんだろう。よほど見た目や性格がよかったのかと思うね。

B(運転手歴10年) でも、ロマンのある出来事ですよね。女子アナや女優が一般人と結婚といっても、医者やIT社長のような収入、地位があって、ステータスが浮世離れした人がほとんどだから。

C(運転手歴28年、現在は引退) おったまげたよ。今回のは正真正銘の一般人だもんな。収入も一般のサラリーマンと変わんねぇだろう。昔、照明技術者と結婚した時の島田陽子(66)と重ねちゃうよ。

D(運転手歴8年) 奇跡も奇跡。僕の周りで「ロケバスの運転手も業界人じゃん」なんて言うヤツがいるけど、そんな頻繁に芸能人と交流があるわけじゃないんだから。

B 基本的に「タレントとの接触はNG」とドライバーに教育しているロケバスの会社が多いですからね。

A そうそう。特に契約書を交わしているとかじゃないんだけどね。

B トラブル防止が一番の目的なんでしょう。媒体やクライアントにもよりますけど、時としてスタッフとタレントには一定の距離感を求められるケースが多いですね。

D そうそう。特に広告絡みの仕事は厳しいですよ。最悪の場合、干されるって話もよく聞くし。

A ああ、俺の知り合いに長期ロケをやってたバラエティー番組の制作スタッフがいて、たまたま別のCM撮影の現場で出演者のアイドルグループと一緒に仕事をすることになったらしいんだよね。気心の知れた仲だったから、お互いに軽口を交わしながらの収録で、とても和気あいあいとした雰囲気の現場だったけど、そのスタッフは次の現場から急に呼ばれなくなったって。

B 恐らく、広告会社がその先にいるクライアントを過剰に警戒したんだと思います。人気タレントが限られた一般人と仲よくしているのを第三者に見られたら、CMのイメージダウンにつながりかねないなんて考えたんでしょう。

──では、会話するどころか、ひそかに交際して結婚にまで発展したという今回の新川さんのケースは完全にアウトではないですか。

C 今回はタレントのほうから積極的に接触したから、特例でセーフなんじゃないの(笑)。

A 彼女が使った「忘れ物をしました」ってドライバーに話しかける手口だけど、実際、タレントの忘れ物はよくあるよ。1週間もロケしてれば、1つは出てくる。グラドルや女優のスマホの忘れ物なんてしょっちゅうだよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかの模倣犯?埼玉の男児殺害事件に日本テレビが震撼か
2
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
3
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
朝日奈央が“最も芸人に狙われるタレント”に進化した6つの理由!