女子アナ

笹崎里菜より高評価?水ト麻美「フリー転身」の鍵を握る尾崎里紗の“注目度”

 A 日本テレビの尾崎里紗アナが、巨人のマスコットガール「VENUS」のチア体験で注目を集めています。

B MCを務める午前中の情報番組「バゲット」の担当コーナーでのことね。確かにあのチア姿は可愛らしかった。

A 同期の笹崎里菜アナがホステスだった過去の発覚で内定が取り消され、そこから裁判で和解を経て入社という前例のない注目のされ方をしていたうえに、尾崎自身もアピール上手というわけでもない、それもあって、入社直後から現在まで、一般視聴者には派手な活躍の印象はなかったかもしれません。

C ポッチャリ体形に大食いという共通点から、実は水卜麻美アナの後継者にと、女子アナ好きには注目されていたんです。入社した時にはすでに発声の基本がきていて注目度だけは高かった笹崎アナよりも、社内評価はずっと高かったそうですよ。

B 現在、笹崎アナがラグビーW杯や東京五輪へ向け“ドヤ顔”でガツガツと自分をアピールして仕事を取りにきているのに比べると、尾崎アナのチア体験はまだ照れもあって、好感が持てましたね。

A 視聴者に受け入れられやすいのは、明らかに尾崎アナでしょう。ただ、“ポスト水卜”と言われながら、やはりまだ水卜アナの存在が大きいせいか、キャラのかぶる尾崎アナは思ったほど活躍の場は増えてきません。

B 水卜アナには「24時間テレビ」の4人目のランナーになり、これを花道に退社ではという見方もあったようですが、その後、具体的な話は聞こえてきませんね。

C 大手プロへの所属ということで、独立は一時まとまりかけたんですけどね。

B 今も、日テレの先輩でフリーアナの羽鳥慎一が熱心に誘っているという話もあります。

A 水卜アナは、キャラのかぶる尾崎アナを妹のように可愛がっているとも伝わっています。フリーになるとしたら、この尾崎アナの存在も動機の一つになりそうですが、果たして。

〈座談会メンバー=A:女子アナウオッチャー・たなか是政氏、B:番組制作スタッフ、C:夕刊紙デスク〉

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”