芸能

稲森いずみ、渡辺淳一原作ドラマ主演で“高まる期待”

 4月17日スタートの新ドラマ「雲の階段」(日本テレビ)に主演する稲森いずみ(41)に注目が集まっている。何しろ、原作はあの「失楽園」で世のお父さんを奮い立たせた渡辺淳一氏。過激な性描写に早くも期待が高まるのだ。

 放送前から、話題に上っているのは、やはり“濡れ場”の存在。「かなり激しいシーンがある」と断言するのは、テレビ誌編集者だ。

「昨年BPO(放送倫理・番組向上機構)で『性表現が行き過ぎている』と問題になった昼ドラ『幸せの時間』(フジテレビ)の影響もあり、見せ方に配慮しているようですが、それでもパイロット版を見たという人によると、原作同様セックスシーンは、ふんだんにあるようです」

 ストーリーは、過疎の離島の診療所に勤める長谷川博己(36)演じる事務員・相川三郎が所長からオペを勧められ、無免許の偽医者としての人生を歩み始めるというもの。葛藤しつつも「医者」となってゆく彼を支えるのが、看護師・鈴木明子役の稲森いずみ(41)だ。そんな中、離島を旅行中だった木村文乃(25)演じる大病院の令嬢・田坂亜希子が診療所に運び込まれ、三郎が執刀。以降、引かれ合う三郎と亜希子。明子は嫉妬に燃える。

 まずは、稲森の濡れ場を原作から抜粋してみよう。

〈三度目の接吻のあと、三郎ははっきりと明子を求めた。さすがに明子は抗ったが、最後は許してくれた。明子も長雨で心淋しくなっていたのかもしれない。結ばれたあと、明子は泣きじゃくり、それからしっかりと三郎に抱きついてきた。まだ少女の堅さの残る明子の体を抱き締めながら、三郎はもうこのまま島からは出られないかもしれないと思った〉

 長谷川が稲森の体の奥の奥まで深突きする濃厚SEXが拝めそうなのだ。さらに原作のイメージそのままに、稲森の役柄は控えめかつ献身的なため、こんなシーンも用意されている。

〈三郎が亜希子のことを考えているあいだも、明子は今までどおり、三郎の部屋を掃除したり、下着を洗濯してくれた。(中略)それだけでなく、三郎が欲しくなったときにはいつでも受けいれてくれる。明子を抱いているとき、三郎は明子に悪いと思いながら、亜希子を思い出していたこともあった。だが明子は、不平らしいことは一言もいわない〉

 過激度では木村も負けていない。長谷川と初めて結ばれるシーンで、早くも性に溺れる姿を見せる。

〈亜希子はほとんど抵抗しなかった。三郎の手がパンティにかかったときだけ、二、三度身をよじったが、かまわず引くとすぐ脱げた。もはや、亜希子の体をおおっているものはなにもない。三郎の指先にやわらかい茂みが触れる。(中略)亜希子も素直に接吻を受け入れる。そのままちらちらと唇を触れ合う。いまはそんな余裕もできていた。接吻を繰り返し、自分の男性が完全に元気を取り戻したのを確認して、三郎は亜希子の上におおいかぶさった。(中略)三郎は一気に入り込んだ。瞬間、亜希子の表情が引きつった。それを見て、三郎はさらにつき進む〉

 さらに木村の役柄には、みずからの火照る衝動を抑えきれない、ねっとりしたフェラシーンも存在する。

〈互いに舌をからませているうちに、三郎は耐えきれなくなって、亜希子の下半身をまさぐった。「駄目よ、先生。わたし、病人よ」(中略)「ちょっと、触るだけ‥‥」「そんなことをされては、わたしが辛くなるわ」「でも‥‥」「待って」亜希子はそういうと、自分から右手を三郎の股間に近づけた。「わたしが触ってあげる」「‥‥」「よくしてあげます」三郎の男性はすでにズボンのなかで、息苦しいほど硬直している。亜希子はゆっくりとファスナーをはずし、しっかりと三郎のものを握った。「わたしは動けないから、もっと上にきて」〉

 控えめな稲森と奔放な木村、対照的なエロスの競演に、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏も期待を口にする。

「稲森は、色白で清楚なおとなしそうな顔つきで、あからさまにいやらしい人ではないからこそ、激しい濡れ場を演じると燃えますね。『やめてください』と抵抗しつつも、抵抗しきれず受け入れてしまう姿が似合いますが、今回もそういうシーンが多いのでは。陰のある木村も、未知数なエロスを秘めています」

 もはや、「失楽園」を超えた過激描写の数々。はたして、四十路となった稲森の愛欲エロスが待ち遠しい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
平手友梨奈が「秘所責め悶絶」で極める女優道(2)「CM現場でのドタキャン騒動」
3
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
藤田菜七子が土屋太鳳を“公開処刑”した!?超小顔とスレンダー大人ボディ