芸能

人気女子アナ「ナニコレ“チン”百景」を大放出(3)日テレ・尾崎里紗がチア姿で魅了

 だが、視聴率3冠を誇る日本テレビの女子アナも負けてはいない。今年は水ト麻美アナが「24時間テレビ」の駅伝ランナーを務めたが、7キロのダイエットのせいもあり、あの肉感ボディは後退。その一方で、圧倒的な活動でドギモを抜いたのは、「バゲット」の司会を務める尾崎里紗アナ(26)である。

「彼女は番組企画でジャイアンツのチアリーダーに挑戦。これが妖艶ショットの連発で話題となっています。特に、本番となった8月29日の対広島戦では、7回に登場。ぽっちゃりめのボディを揺らしながら両手を左右に振る場面では前かがみになると、真っ白いたわわな豊乳が見えるなど、さすが水トチルドレンといわれる胸元の緩さを見せていました」(女子アナウオッチャー)

 しかも今年の女子アナは、チアガールコスプレが大流行。尾崎アナ以外にも、

「テレ朝の田中萌アナ(28)も現在、サッカーのFC町田ゼルビアを応援するために、チアガールを志願する設定で特訓中。8月22日の『Abema Morning』では汗だくで振り付けを覚える練習に密着。17年に同局アナと不倫疑惑が発覚した禊もあるのか、ワキの下はおろか、ちょっとぽっちゃりしたおなかを見せながらの渾身の練習ぶりは大好評ですよ。地上波時代とは違い、かなり体も丸みを帯びて男好きするボディにファンが増えているともっぱらです」(テレ朝関係者)

 9月末の放送ではいよいよチアガール姿もお披露目するというから楽しみだ。

 女子アナウオッチャーが言う。

「最近は女子アナもスタジオで番組を進行するだけでなく、さまざまな企画にチャレンジするほうが視聴率が取れるとあって、いわゆる『イッテQ方式』が主流。日テレの後藤晴菜アナ(29)もこれまでほとんど露出らしい露出がなかったのですが、後輩の尾崎アナ同様、『バゲット』ではフリークライミングを模した競技ボルダリングに挑戦。ノースリーブ姿でワキの下を見せつつ果敢に挑戦すると、とたんに視聴率がアップした。番組の女子アナチャレンジ路線がこれで今後も続行することが決定になったとか。9月で退社するテレ朝の竹内由恵アナ(33)も見納めとばかりに、報道ステーション内のスポーツコーナーでフリークライミングに挑戦、最後の美ワキを見せていましたね。今後は、谷間見せに限らず、ワキ見せも新しい女子アナのトレンドとなりそうです」

 次は、秋の収穫祭が楽しみだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!