エンタメ

伝説のパチプロ集団「梁山泊」25年目の真実(4)系列店の報復にキレて逮捕

──

 大阪グループが仲間に入って1カ月もたたない頃、毎日休まず連戦連勝を続ける軍団は、東京進出を決める。「俺たちは何も悪いことをしていないから、目いっぱいいける」という自負が平均年齢26歳という若い軍団の野心をいっそう駆り立てた。当然、店側との攻防は、より激化していく。

──

「どうせ東京を攻めるなら心臓部の新宿から」という意見で一致しました。やはり、最も手強いところから攻めないと、対策を練られてしまいますからね。

 新宿の翌日には上野というように、次々に娯楽街を攻めましたが、あるホールに行くと、従業員が全員ヤクザに入れ替わっていたこともありましたね。

 服をつかみ合って押し問答をしていたら、店員のシャツが破れた。すると入れ墨が見えたんです(笑)。ホール側は私たちに打たせまいと、ヤクザに従業員の制服を着せて、私たちを撃退しようとしたわけです。

 実はこの話、それで終わりませんでした。千葉県柏市を攻めた時のこと。私の隣に20代前半の若い男が座ってきました。そして打ち始めると、何度も何度も体を寄せてくるんですよ。そのたびに私は肩で軽く押し返していたのですが、その男が突然、私の頭を両手でつかんでパチンコ台のガラスにぶつけようとした。

 まだ私も若かったので、パッと両手を台にあてがって防ぎましたが、その瞬間、私がブチギレてしまった。その男を引きずってホールの出入り口から放り出そうとしたんです。すると、目の前に警察官が待ってましたと言わんばかりに立っていて、私は現行犯逮捕されました(苦笑)。

 実はそのお店、先ほど話した従業員とヤクザが入れ替わっていたホールの系列店だったんです。たぶん、報復だったんでしょうね。

 結局、10日ほどの勾留で罰金刑でしたが、すごく反省しましたね。相手が仕向けてきたとはいえ、冷静さを欠くなんてリーダー失格だなと‥‥。

 そしてみんなのところに戻ったら「Kさんの取り分です」と封筒を渡されました。そこでまた反省させられましたね。封筒の中身が少なかったからです。

 ホール側と交渉する私がいないわけですから、その間は打つことすら大変だったんだろうなと。仲間に迷惑をかけてしまったと痛感させられました。

──

 ホール側との攻防戦はさらにエスカレートする。四国では流血事件にも巻き込まれてしまうのだった。

──

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!