エンタメ

伝説のパチプロ集団「梁山泊」25年目の真実(4)系列店の報復にキレて逮捕

──

 大阪グループが仲間に入って1カ月もたたない頃、毎日休まず連戦連勝を続ける軍団は、東京進出を決める。「俺たちは何も悪いことをしていないから、目いっぱいいける」という自負が平均年齢26歳という若い軍団の野心をいっそう駆り立てた。当然、店側との攻防は、より激化していく。

──

「どうせ東京を攻めるなら心臓部の新宿から」という意見で一致しました。やはり、最も手強いところから攻めないと、対策を練られてしまいますからね。

 新宿の翌日には上野というように、次々に娯楽街を攻めましたが、あるホールに行くと、従業員が全員ヤクザに入れ替わっていたこともありましたね。

 服をつかみ合って押し問答をしていたら、店員のシャツが破れた。すると入れ墨が見えたんです(笑)。ホール側は私たちに打たせまいと、ヤクザに従業員の制服を着せて、私たちを撃退しようとしたわけです。

 実はこの話、それで終わりませんでした。千葉県柏市を攻めた時のこと。私の隣に20代前半の若い男が座ってきました。そして打ち始めると、何度も何度も体を寄せてくるんですよ。そのたびに私は肩で軽く押し返していたのですが、その男が突然、私の頭を両手でつかんでパチンコ台のガラスにぶつけようとした。

 まだ私も若かったので、パッと両手を台にあてがって防ぎましたが、その瞬間、私がブチギレてしまった。その男を引きずってホールの出入り口から放り出そうとしたんです。すると、目の前に警察官が待ってましたと言わんばかりに立っていて、私は現行犯逮捕されました(苦笑)。

 実はそのお店、先ほど話した従業員とヤクザが入れ替わっていたホールの系列店だったんです。たぶん、報復だったんでしょうね。

 結局、10日ほどの勾留で罰金刑でしたが、すごく反省しましたね。相手が仕向けてきたとはいえ、冷静さを欠くなんてリーダー失格だなと‥‥。

 そしてみんなのところに戻ったら「Kさんの取り分です」と封筒を渡されました。そこでまた反省させられましたね。封筒の中身が少なかったからです。

 ホール側と交渉する私がいないわけですから、その間は打つことすら大変だったんだろうなと。仲間に迷惑をかけてしまったと痛感させられました。

──

 ホール側との攻防戦はさらにエスカレートする。四国では流血事件にも巻き込まれてしまうのだった。

──

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった