芸能

矢田亜希子、「息子の授業参観を報告」に高まる“四十路美バスト艶技”待望論

 女優の矢田亜希子が9月20日、ブログを更新。その内容に、同情と同時に“期待”の声が集まっている。

 息子の授業参観へ行ったという矢田は、「音楽の授業。綺麗な純粋な歌声と、楽器の音色に心打たれた。涙腺が緩む。すぐ涙。すぐ感動。まさかの感動でずっと泣いてたw」と、我が子の成長ぶりに感動しきりだったことを報告している。

「その息子とは、2007年に生んだ、現在小学校6年になる長男のことでしょう。その父親だった押尾学は09年、不貞相手だった銀座のホステスと薬物を服用、体調が急変したホステスを放置したなどして逮捕された、いわゆる“押尾学事件”により懲役2年6月の実刑判決を受け服役しましたが、現在は再婚し子供ももうけ、新たな生活を送っています」(芸能記者)

 一方の矢田は、当時ドラマやCMでひっぱりだこの人気女優だったが、押尾との結婚により仕事は激減。さらに押尾の逮捕、離婚によるイメージダウンが追い打ちをかけ、シングルマザーにして苦難の芸能生活を強いられた。

「それだけに、大きく成長した一人息子の姿に、これまでの思いがこみ上げてきたのでしょう。ネット上では《大変だっただろうに》《よくここまで頑張った!》との声も上がっています」(ネットウオッチャー)

 そんな矢田は昨今、粘り強く続けていた女優業に加えてバラエティ番組にも積極的に出演し、活動の幅を広げているが、一方でこんな声も聞こえてくる。

「昨年末は週刊誌で、7年ぶりという撮影で大胆に素肌を見せ、8月にはインスタで黒の水着姿を披露し、40歳にしてキープされたボディーと美バストの膨らみをアピールしています。これが業界の中では好評で、女優としてもっと大胆な絡みで勝負したらどうか、との話も浮上している。彼女も再婚という道がなければ今後も女手一つで子を育て稼がねばならならず、思い切った艶技を見せる時期が来ているのかもしれません」(芸能記者)

 もう一度女優としての花を咲かせることができるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」