芸能

あの大物女優が関係?吉岡里帆が「時効警察」に新メンバー加入した“裏事情”

 どうやら吉岡里帆の勢いが盛り返してきたようだ。2018年1月期放送の主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)では、肌着メーカーに勤めるOLでありながら胸の渓谷を露わにした、何ともいやらしい肌着姿でランウェイを歩く様子を披露。

 同年7月期放送の主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)でも、けなげに働く新人ケースワーカーとして走る姿の“バスト揺れ”が話題となったが、同時期に佐藤健との熱愛疑惑と、多くの女性から「あざとい」「腹黒い」とのバッシングが発生。「きみが~」は7.7%、「健康で~」は5.8%という芳しくない平均視聴率を記録し「数字がとれない女優」という不名誉なレッテルが貼られてしまった。

 さらに同年10月公開の映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」でヒロインを務めるも、映画館は閑古鳥。吉岡は女優になる前に、主戦場としていた水着での活動に戻ったほうがいいのではないか、との声も聞こえていた。

「しかし現在は事務所が仕事を選び、吉岡のイメージチェンジにまい進しているのだとか。公開中の映画『見えない目撃者』では視力を失った元警察官という難役を演じ、改めて吉岡の演技力が高評価されているようです。また、9月29日には単発スペシャルドラマとして放送される『時効警察・復活スペシャル』、10月11日からは第3シーズンが放送される『時効警察はじめました』(ともにテレビ朝日系)で新人刑事・彩雲真空を演じます。吉岡演じる彩雲の先輩として豊原功補演じる十文字疾風というクセの強い刑事がいるのですが、小泉今日子との不貞関係の続行により出番を減らされ、小泉が独立するまで所属していた大手事務所の系列事務所に所属する吉岡がねじ込まれたのだ聞きました」(女性誌記者)

 ファンの多い「時効警察」シリーズに出演できる吉岡は、小泉に感謝しなければいけないかも?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫