芸能

天才テリー伊藤対談「ダンディ坂野」(3)ネタの説明もする老人ホームの営業

テリー 考えてみれば、ダンディって笑いもスタンスもまったく変わらないじゃない。そこに俺はすごみを感じるね。

坂野 それ、よく言われますね。もっとも、自分でも変えちゃいけないと意識してはいるんですが。

テリー それはなんで?

坂野 昔から大好きなアニメなんかを見ていて思うのは、「変わらないからこそのすばらしさ」はある、ということです。よく、人は常に変わっていかなきゃ、変化していかなきゃ、なんて言われますけれど、僕がこのスタイルを決めた時、ダンディ坂野は「黄色い『ゲッツ!』の人」でずっとやっていくんだ、と。

テリー だからこそ、新機軸のネタには逃げなかったんだ。

坂野 劇的に変化することができなかったところもあるんですが(苦笑)、できないなら、それこそマギー司郎さんみたいな不変のスタイルで自分はいいんじゃないかと。

テリー じゃあ、あまり時代性なんかは考えない?

坂野 定番のお菓子って、爆発的に売れなくても昔から残っているじゃないですか。笑いも同じで、定番になればいつの時代もある程度は喜んでもらえるんじゃないですかね。

テリー そこに気づいちゃったら、もう怖いものはないね。ところでダンディ、近頃話題の闇営業はやったことあるの?

坂野 面倒だからやったことないです。例えば、友達に「これしかギャラがないんだけど、5分でいいから来てしゃべってよ」と言われても、結局、自分のスケジュールは全部事務所に預けていますから、一度事務所に伝えるようにお願いしているんですよ。

テリー 真面目だなあ、そんな感じで営業はどこでもバッチリこなしているんだろうな。

坂野 いえ‥‥実は僕、お座敷だけちょっと苦手で、できるだけNGにしているんですよ。ごめんなさい。

テリー なんで俺に謝るのさ(笑)。でも、なんでお座敷がダメなの。

坂野 過去の仕事でトラウマがありまして‥‥。お座敷って泊まれるから、ベロベロに酔っ払った人がいるんですよね。ウケてる時はいいんですが、あんまり反応がよくないとヤジが飛んでくるんですよ。

テリー お酒が入る席は、どうしてもそうなるよねぇ。

坂野 酔っている人って、自分のヤジでどんどん盛り上がっちゃうみたいで、「俺の芸人イジリはおもしろい」と思い込んで、がんがん絡んでくるんです。しかも、周りの人から「ダンディさん、ごめんなさいね」なんて慰められながらネタをやるのが、本当につらいんですよ。なので、できるだけ避けたい現場ですね。

テリー マイペースの現場っていえば、老人ホームはどうなの?

坂野 ああ、NHKの番組絡みで北海道と沖縄の老人ホームでやったことはありますけど、全然ウケませんでした。「ゲッツ!」にも無反応だし。

テリー うーん、ネタが理解できないのかな。

坂野 ああいうところは、(海老一)染之助・染太郎さんみたいな大道芸、見てわかる芸がいいんじゃないですかね。僕なんか、「今のネタはこういう話で、こうだからおかしいんだ」なんてオチまでの流れを説明して、やっと「あらー」みたいな反応をもらえる感じですからね(苦笑)。

テリー フフフ、そこまでやるんだ。偉いなァ。

坂野 さっきも言いましたけど、土壇場でのあがきはテリーさんに鍛えられましたからね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
3
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」