芸能

三國連太郎「二枚目俳優の離婚とコンプレックス」

 映画「釣りバカ日誌」など、数々の名作に出演してきた俳優の三國連太郎が亡くなった。90歳の大往生だった。その61年に及ぶ役者人生には、いつも女性の存在とコンプレックスが同居していたのだ。

 三國は生前、インタビューで事あるごとに、みずからの“短小コンプレックス”を口にしていた。

 芸能記者が言う。

「実物はそんな小さくもないのに、とにかく自分のイチモツが小さいと思い込んでいた。サウナにご一緒した時も、パンツを脱ぐ前に、下半身をがっちりガード。さらには、周囲を気にして人前で、タオルを取ることもなかった。かつて、西田敏行さんが映画のロケで一緒に風呂に入ったところ、パンツをはいたまま、大浴場に入ってきて驚いたこともあった」

 そんな三國が、女性に対してのコンプレックスを抱くようになったのは、2度目の結婚がキッカケだったと、述懐していたという。

 前出・記者が続ける。

「三國さんは、最初の結婚を満州で決めた。終戦で、『独身者より夫婦のほうが引き揚げ船に優先的に乗れる』と聞き、知人の女性と結婚。彼女の故郷の九州へ一緒に帰るが、義父母との仲がうまくいかず、身ごもっていた妻を置いて鳥取へ流れ着きます。そこで、工場勤めをしながら食堂で働く女性と2度目の結婚。しかし、彼女が同僚とセックスしている場面を目撃してしまう。『オレのチンチンが小さくて満足させられないため、彼女は浮気したんだ』という深いコンプレックスが、俳優になってからも付きまとっていました」

 51年、木下恵介監督の「善魔」主役オーディションで選ばれてデビューした三國は、その時の役名「三國連太郎」を芸名として役者の道を全うした。

 だが、その後も女性との浮いた話は数知れず。3回目の結婚は57年。当時の神楽坂一の売れっ子芸者と結ばれ、長男を授かる。だが、のちに佐藤浩市となる長男を置いたまま、当時19歳だった太地喜和子と不倫同棲。わずか3カ月余りの交際で破局するが、のちに三國は、「今までで、惹かれた女優さんは一人だけです。太地喜和子さんだけ」とインタビューに答えている。

 芸能プロダクション関係者が言う。

「三國さんは、22歳年の離れた太地さんにのめり込むのが怖かったと話している。別の時には『女性がアエいでいるのを見ても演技にしか見えない』と女性に対する不信感が、まだこの頃までは拭えなかった。それゆえに、奔放な女性関係ながら安定した生活を恐れて、また放蕩の旅に出る生活を繰り返した」

 だが、そんな三國の生活が一変するのは、4番目の妻・友子さんとの出会いだった。

 芸能ジャーナリストの高尾太郎氏が語る。

「友子さんと三國さんとは共通の友人だった写真家の故・ケン影岡さん宅で知り合い意気投合。その後、三國さんが糖尿病で入院すると、友子さんは毎日のように病室を訪れ看病。三國さんは『まるで天使のように見えた』と語っている。結婚には友子さんの両親が大反対だったが、彼女は家を飛び出し、三國さんと同居。誰に対しても笑顔の友子さんは、義理の息子である佐藤浩市にも『浩市』と我が子のように呼び捨てし、佐藤の息子たちと自分の写った写真を『孫がこんなに大きくなったのよ』と周囲に見せてくれたりもした」

 友子さんと暮らし、三國の性格も変わった。妻と連れ立って人前に出ることを極端に嫌っていたが、友子さんだけは例外だった。

「晩年の三國さんは『友子のために長生きしなくては』と、空気のいい沼津に別荘を購入。『富士山の霊水は体にいいから』と、月に一度は富士山の水をくみに行くほど、家族生活を大切にしていた」(前出・高尾氏)

 所属事務所の社長も兼ねていた友子さん。三國も「僕以上にしっかりしているから、僕がいなくなっても大丈夫だよ」と最後は安心して旅立った。合掌。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!