芸能

米倉涼子に「ドクターX」復帰を決意させたのはあのこじらせ女優だった!

 2年ぶりに「ドクターX」(テレビ朝日系)の米倉涼子が帰ってくる。17日から放送が始まるドラマについて芸能デスクが解説する。

「令和初となる第6シリーズも岸部一徳、西田敏行、遠藤憲一、勝村政信、鈴木浩介などお馴染みの芸達者の役者陣が集結し、権力争いがうずまく大学病院内でフリーランス医師・大門未知子がさすらいのガンマンのような大活躍をします。主題歌がこれまで全5シリーズ担当しているSuperflyからP!NKに代わるものの、台本はこれまでの“忖度”、“患者ファースト”、“号泣県議”など時事ネタを積極的に取り入れて、マンネリを回避する、まさに失敗しない最強の布陣を敷いている」

 第1シーズンの平均視聴率19.1%以降、常に平均20%超えの高視聴率を維持してきたモンスタードラマだけに、もっか日テレと激しい視聴率三冠デットヒートを繰り広げているテレ朝にすれば、最大の切り札となるのは間違いないところだ。

 ちょうど20年前にモデルから女優宣言した米倉にとっては「黒革の手帖」、「けものみち」、「わるいやつら」の松本清張三部作の悪女役でトップ女優となった米倉にとってデーモンこと大門美知子は最大の当たり役。また、局に取っても放送すれば、漏れなく高視聴率が獲れる最強コンテンツだけに、初登場の13年から毎年のように放送されてきた。ところが、昨年はファンの期待もかなわず放送が見送られた。

「その原因は大ヒットしすぎたことです。ドラマでは強気な役柄を演じる米倉ですが、実はプレッシャーに弱い一面がある。あまりの高視聴率のため、次回も簡単に数字がとれると期待されてしまい、そのために『女優としてイメージが固まる』として出演を辞退してきたのです」(前出・デスク)

 代わりに局側は「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」を用意し、「フリー弁護士」という大門美知子とは別の新キャラクターをつくりだしたのだという。

「あれだけシリーズ作を嫌がっていたはずの米倉が『リーガルV』終了後に『今回は1クールだけで終わっちゃって大丈夫?』と不安でした」(前出・デスク)

 しかし、これ以前に「デーモン美知子」の心をかき乱し、心境の変化をもたらした“事件”があったという。テレビ局ドラマスタッフが明かす。

「今年2月の放送されたスペシャルドラマ『疑惑』(テレ朝系)は『リーガルV』の前に撮影したのですが、米倉さんは、いつもの悪女ではなく弁護士役を演じています。悪女を演じたのは、『けもなれ』でこじらせ女子を演じた黒木華。男ばかりか女もたぶらかす黒木さんの妖艶悪女ぶりに圧倒された米倉さんは、撮影後に『二度と一緒にやりたくない』と舌を巻いたほど。『ドクターX』の撮影では毎回ベテラン俳優に囲まれて役に臨める恵まれた環境を再確認したようです」

 あまりに現場の居心地がよすぎて、弁護士役は、私いたしませ~ん、とならなければいいが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性