芸能

キムタクが戦慄する「ラグビーW杯ベスト8進出」の大打撃!

 今年最高の39.2%もの高視聴率をたたき出した10月13日のラグビーW杯・日本対スコットランドの一戦。日本にとって悲願のベスト8進出がかかっていたことや、超大型台風で試合そのものの開催が危惧されたこともあり、国民的な関心事となった。

 これだけの視聴率を稼ぐと、中継した日本テレビ以外の民放各局はお手上げだ。NHK大河ドラマ「いだてん」は、ついに最低視聴率を更新する3.7%。TBSはラテ欄に「歴史的な日ですが…」と投げやりな姿勢だった「UTAGE!」が、中居正広の司会でオンエアされたが、5.5%に終わる。日テレのラグビーW杯が後輩の櫻井翔をスペシャルサポーターに置いているので、その対比がくっきりと浮かび上がった。

「あえて“負け戦”に中居が担ぎ出されたのは、木村拓哉の主演ドラマに傷をつけさせたくなかったためと言われています」

 こう語るのはドラマ事情に詳しいテレビ誌編集者だ。

「キムタク主演のTBS日曜劇場枠の『グランメゾン東京』は、10月期ドラマとしては異例の10月20日スタート。すでに各局の秋ドラマは2話や3話と進んでいるのに、ここまで遅らせたのは日本対スコットランドの一戦が決まっていたためと推察されます」(前出・テレビ誌編集者)

 敵前逃亡を決めた形だが、実は二の矢が襲ってきた。日本がベスト8進出を決めたため、準々決勝の南アフリカ戦が10月20日にぶつかったのだ。

「スコットランド戦よりキックオフが30分早くて19時15分ですが、それでも、キムタクドラマが始まる21時に割り込んでくることは確実。スコットランド戦の瞬間最高視聴率53.7%が21時41分でしたから、ここから30分早めると21時10分頃にピークを迎える可能性があります」(スポーツジャーナリスト)

 ドラマ界にとって、まして全力体制のキムタクドラマにとって「初回視聴率」は何より大事。前クールがラグビーブームに火をつけた「ノーサイド・ゲーム」だったが、その影響で足を引っ張られるとは何とも皮肉である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”