芸能

キムタクが戦慄する「ラグビーW杯ベスト8進出」の大打撃!

 今年最高の39.2%もの高視聴率をたたき出した10月13日のラグビーW杯・日本対スコットランドの一戦。日本にとって悲願のベスト8進出がかかっていたことや、超大型台風で試合そのものの開催が危惧されたこともあり、国民的な関心事となった。

 これだけの視聴率を稼ぐと、中継した日本テレビ以外の民放各局はお手上げだ。NHK大河ドラマ「いだてん」は、ついに最低視聴率を更新する3.7%。TBSはラテ欄に「歴史的な日ですが…」と投げやりな姿勢だった「UTAGE!」が、中居正広の司会でオンエアされたが、5.5%に終わる。日テレのラグビーW杯が後輩の櫻井翔をスペシャルサポーターに置いているので、その対比がくっきりと浮かび上がった。

「あえて“負け戦”に中居が担ぎ出されたのは、木村拓哉の主演ドラマに傷をつけさせたくなかったためと言われています」

 こう語るのはドラマ事情に詳しいテレビ誌編集者だ。

「キムタク主演のTBS日曜劇場枠の『グランメゾン東京』は、10月期ドラマとしては異例の10月20日スタート。すでに各局の秋ドラマは2話や3話と進んでいるのに、ここまで遅らせたのは日本対スコットランドの一戦が決まっていたためと推察されます」(前出・テレビ誌編集者)

 敵前逃亡を決めた形だが、実は二の矢が襲ってきた。日本がベスト8進出を決めたため、準々決勝の南アフリカ戦が10月20日にぶつかったのだ。

「スコットランド戦よりキックオフが30分早くて19時15分ですが、それでも、キムタクドラマが始まる21時に割り込んでくることは確実。スコットランド戦の瞬間最高視聴率53.7%が21時41分でしたから、ここから30分早めると21時10分頃にピークを迎える可能性があります」(スポーツジャーナリスト)

 ドラマ界にとって、まして全力体制のキムタクドラマにとって「初回視聴率」は何より大事。前クールがラグビーブームに火をつけた「ノーサイド・ゲーム」だったが、その影響で足を引っ張られるとは何とも皮肉である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”