女子アナ

夏目三久、弘中綾香、田中みな実らが続々「女子アナノーベル賞」受賞した!?

「リチウムイオン電池」の開発で吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞した。日本人27人目の受賞者だが、いまだかつて女性の受賞者はなし。そこで、日々たゆまぬ「努力」と「痴力」を尽くす女子アナに敬意を評し、アサヒ芸能が「女子アナノーベル賞」を設立した。

 吉野氏の受賞にちなんで「化学賞」から。ノミネートされたのは、テレ東が誇るFカップ・鷲見玲奈アナ。

芸能評論家・織田祐二氏は、「かつて担当した『ウイニング競馬』でメガネを使用したことにより」“巨胸メガネ”という異色の艶化合物が生み出されたと評価するが、彼女の対抗馬にあがったのはベテラン有働由美子。

「かつて野球選手との密会では『カツラ』と『サングラス』を用いた変装を写真誌にパパラッチされたことはあまりにも印象深い」(女子アナウォッチャー・丸山大次郎氏)

「化合」アナと「化け」アナに割っていったのは、まさかの「竹林で男女の営み」秋元優里アナ。

「決して実現不可能と言われた『青色発光ダイオード』のごとく、清楚な女子アナと野外プレイという取り合わせはまさに『青カン発光ダイオード』級の衝撃です」(前出・丸山氏)

 三つ巴の賞レースの結果は果たして…。

 そのほか、アインシュタインもビックリのスイカップのパワーを放つ古瀬絵里やニュートリノはニュートリノでも色香を胸に集積させた三谷紬アナら好敵手が火花を散らす物理学賞に、大橋未歩VS弘中綾香の下ネタ平和賞。そして「非核三原則」ならぬ妊娠を避けるほうの三原則のシンボルとなった夏目三久の医学生理学賞も。とどめは村上春樹も真っ青の艶系文学賞まで…。5部門の詳細と選考理由は、10月21日発売のアサヒ芸能10月31日号で特集されている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ