スポーツ

松井秀喜「巨人監督強要ウラ交渉」(4)田尾氏に参謀就任を要請!?

 渡辺会長は松井氏にケンカを売るかのように「反松井」放言を連発。落合氏の指導者としての手腕を高く評価し、イチロー(39)をほめたたえた。

 昨年3月、メジャーリーグの日本開幕戦を主催した渡辺会長はウェルカムレセプションでイチローと会食。その時のことをこう明かしている。

「巨人の監督になってくれって頼んだよ。でも『今は選手に徹する』と言われた。イチロー君の哲学、美学、心理学、経営学、政治学の全てが論理的だ。あれほど頭のいい選手に会ったことがない」

 まさに絶賛である。さらに同年8月に出演したラジオ番組でも、イチローと松井氏のどちらを指導者として迎えるかと問われ、

「俺はイチローかな」

 それが引退と同時に、過去のわだかまりなどなかったかのように手のひらを返した形で接近してきたのだ。こうしたドロドロの裏交渉劇の中、大人の対応で引退式に臨んだ松井氏の胸中にはいかなる思いが去来したのか─。

 さりとてプロ野球ファンとしては、渡辺会長のやり方はともかく、「松井監督」のユニホーム姿を見たくないわけはない。スポーツライター・飯山満氏は言う。

「松井の野球観、野球論を聞いた人はあまりいないと思いますが、実は田尾安志氏の打撃理論に感服しています。ヤンキース1年目、松井は『ゴロキング』のありがたくない称号を得るなど、深刻な打撃不振に陥りました。ちょうどその時、田尾氏がバットの軌道に関する的確なアドバイスとも言えるコメントを、とあるマスコミに出したんです。それを読んだ松井は日本のメディアに『田尾さんによろしくお伝えください。たいへん参考になりました』と感謝のメッセージを託した。もし松井監督が誕生するなら、田尾氏に参謀就任を要請するかもしれません」

 そして予想されるのは、ヤンキース式スモールベースボールの展開。ランナーが出ると右方向に進塁打を打つなどの、松井氏が仕えたトーリ元監督の野球である。飯山氏が続ける。

「巨人の大砲主義から脱却できるかもしれません。森祇晶氏は『一流の監督に教わらないと一流の監督にはなれない』と言った。松井は星稜高校の山下智茂監督、長嶋監督、ヤンキースのトーリ監督、エンゼルスのソーシア監督といった名将に教わりました。そしてソーシア監督のように、ミーティングを重視するのではないか。教えるのではなく発言させる、選手に考えさせるミーティングです」

 松井氏の心境を察すれば察するほど、ファンの思いは複雑である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」