芸能

「ガキ使」佐野史郎の事故への放送作家の発言が「裏方の出しゃばり」猛批判!

 日本テレビ系で年末放送予定の「ガキの使いやあらへんで!」の特番の収録中に俳優の佐野史郎が骨折したことが話題となっているが、同番組に携わる放送作家の高須光聖氏が骨折の原因が本人にあるような発言をし、佐野がこれを否定したことが物議を醸している。

「高須氏は11月9日放送のラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)にゲスト出演。冒頭、ナイツの塙から『佐野史郎さんの件は本当に大変でしたね』と話題を振られると、撮影中現場にはいなかったと前置きをしたうえで、『でも、もともと、ここだけ(の話)やけど、実は佐野さんからもっとこうしたい、佐野さんが思い切ってやりたい、大丈夫って言って、なっちゃった』と、まるで佐野の判断によって骨折事故が起こったような説明をしたんです」(フリーライター)

 この話はすぐさまツイッターユーザーから佐野本人へと伝わり、佐野は自身のツイッターで「そんなこと、一言も言ってません」と反論。続けて「『もっとこうしたい』と言った記憶はないなあ?『やるなら、やるしかないか』とは言ったかもしれません」と改めて否定したことで、ツイッター上では高須氏への批判が殺到したのだ。

 この状況を受けて佐野はツイッターでは説明しきれないと判断したのか、ブログを更新して当時の状況をコト細かに説明。爆破直後に腰に力が入らなくなったというが、それでも「『大丈夫、大丈夫、次のコーナー、やっちゃいましょう!』と、確かに僕が先導して、収録を再開したことは事実です。これが、僕が、『もっと思い切ってやりたい!と発言していた』と、高須さんがスタッフから聞いた言葉の真相ではなかったか」と推測しつつ、「僕が『やる』と言わなければこんな事故は起きなかったのに…というニュアンスには傷つきます」と不快感を露わにしたのだった。

「ネット上では《経緯はどうあれ番組側が怪我させたのは事実なんだから、裏方がタレント気取りでペラペラ喋るべきではない》《今の時代、視聴者から反感を買えば放送中止になることだってあり得るのに、出しゃばりで軽率な発言》など高須氏への批判が殺到しています。事故後、佐野は『私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを心より願っております』とむしろ番組をフォローするコメントをしていただけに、今後は高須氏にさらなる批判が集中かもしれません」(週刊誌記者)

 よけいなことを言ったものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
2
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声
3
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
4
降板求める声も!欅坂46菅井友香の「胸揉んでやる」つぶやいた共演者に猛批判
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは