芸能

クロちゃんのアイドルプロデュース企画に「最高すぎる!」ファン大絶賛のワケ

 アイドル好きで知られるお笑い芸人のクロちゃんが、ついにアイドルグループのプロデュースに乗り出した!11月6日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)にて、「MONSTER IDOL」と題したオーディション企画が始まった。

 この「MONSTER IDOL」では、デビューに際して、BiSHなどの人気グループが多数所属する芸能事務所の「WACK」が全面バックアップ。次回予告では沖縄合宿の様子も明かされ、番組側の注力ぶりが示されていた。そんなアイドル企画について、アイドルファンはどう反応しているのだろうか。アイドル誌のライターが指摘する。

「ネット上には《マジで気持ち悪ぃ》《こんなオーディション受ける価値ない》といったクロちゃん批判も渦巻いていますが、そういった声を挙げているのは非ドルオタか、現場を知らない在宅オタばかり。アイドル業界でのクロちゃんは、ファンからも当のアイドルたちからも大きな支持を受けている第一人者であり、夏フェスの会場ではアイドルたちがこぞってクロちゃんとの記念写真を撮影し、握手してもらっては『キャーッ!』と小躍りしているのです。それゆえ本企画についても《どんなグループに仕上がるのか、楽しみしかない!》といった声が続出。ただ、クロちゃんをモンスター扱いすることで視聴率を取ってきた『水ダウ』ゆえ、今回のアイドル企画でもクロちゃんのキモさを際立たせようとする魂胆が見え見えですね。クロちゃんが候補生たちの手を握ったり、異様に顔を近づけたりするのは演出の一環であり、候補生たちはその狙いを理解したうえで、番組側が求めるリアクションを取っているに違いありません」

 番組では、クロちゃんがアイドルライブで熱心にメモを取ることについて、スタジオゲストが気持ち悪がる様子を見せていた。しかしこれもとんでもない偏見だ。クロちゃんのライブレポートはアイドル業界で高く評価されており、アイドル番組の制作陣もクロちゃんの観察眼や洞察力を深く信頼。実際の番組作りに生かされている。

「何よりスタジオゲストの重盛さと美が番組の最後に『気持ち悪さとかいろいろ通り越して、もう最高です』と絶賛していたところに、この企画の本質が詰まっているのではないでしょうか。アイドル好きの能力を全面的に活用しつつ、みずからに求められている気持ち悪さも存分に発揮するクロちゃんの力量は、他の“自称アイドル好き芸人”にはとうていマネのできない代物でしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 アイドル業界の栄枯盛衰を知るクロちゃんが、いったい、どんなグループをプロデュースしてくれるのか。もしかしたらわれわれは今、未来の武道館アイドルが誕生する過程を目撃しているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ