芸能

〈やっぱり〉のワードが“史上最多でネットにあふれた日”の張本人3人とは?

 11月6日の昼過ぎ、突如、SNSをにぎわせたのが元五輪選手でスノーボーダー・国母和宏容疑者。容疑は法律違反の薬物を巡る取締法違反で、アメリカからその薬物を輸入しようとした疑いもあるという。家族を持ち、ボランティア活動も展開。世界有数のスノーボーダーとして、かつての「チッ、うっせーな」「反省してまーす」発言での悪名をすっかり払拭したと思われていた国母容疑者の不祥事にネットは騒然。

 ところが数時間後、薬物絡みでまたまた逮捕された情報が入ってきたのが元タレントの田代まさし容疑者。この「薬物逮捕の同時発生ぶり」に「驚きの声」があがるかと思いきや、別の“珍現象”が起きていたのだ。

「両容疑者のどちらの逮捕記事にもコメント欄の第一声は《やっぱり》のオンパレード。この日だけでも何百万人もが《やっぱり》とつぶやいたのではないでしょうか。国母容疑者には《やっぱり》のあと、《見た目で判断してはいけないとわかってるけど、見た目どおりすぎて…》といったものまで、“やっぱり”なコメントだらけ。一方で田代容疑者には《やっぱり》に続き《結局やめられないんだね》《抜け出すのは無理ってことか》《薬物依存の怖さをこれだけ教えてくれる人はいないね》といった“やっぱり”なコメントだらけでした」(週刊誌ライター)

 そんな“薬物やっぱり2連発”とほぼ同時にジワジワと世間に「やっぱり」感を抱かせ始めた有名人もいた。

「千葉県の森田健作知事です。この日アップされた文春オンラインで、台風15号が千葉県を襲った翌日の9月10日、森田知事は被害対策にあたらず、県北東部の芝山町にある自身の別荘に公用車で訪れていた疑惑が浮上したんです。公務にかこつけ自分の別荘を“視察”に行ったように見え、これにも批判の嵐で、コメント欄に書き込まれたのも奇しくも《やっぱり》というあきらめの声。《やっぱり何もしてなかった》《やっぱり芸能人じゃダメだ》など、もうネット上を見る限りでは、辞任待ったなしという勢いでしたね」(前出・週刊誌ライター)

 ダメかなぁと思われていた人がやっぱり「ダメだった」3連発。この日は史上もっとも多く日本で〈やっぱり〉のワードがネットに躍った日かもしれない。所得隠し発覚直後、〈やっぱり〉とは、確認できる限り書かれなかったチュートリアル徳井義実の件については、“やっぱり”なかなかのサプライズだったかも?

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像