社会

名門ラグビー部監督が体罰で謹慎処分(1)練習中に激高、生徒への顔面殴打を繰り返した

 昨年末に大阪の桜宮高校の生徒の自殺に端を発したスポーツ現場における体罰問題。その後、女子柔道日本代表監督の辞任騒動にまで波及したのは記憶に新しいが、今度は全国有数のラグビー名門校で体罰が発覚。監督が処分されていたというのだ。

 今年3月、千葉県の流通経済大学付属柏高校ラグビー部監督を、体罰を理由に学校側が処分するという異例の事態が起こり、同校を揺るがせている。関係者の一人が告発する。

「対外的には発表されていないのですが、今年の3月にラグビー部の松井英幸監督(51)が、部員への暴力が理由で学校から謹慎処分を受けています。以前からラグビー部では、監督が練習や試合でのミスを指導しているうちにだんだんと激高してきて、ミスをした部員に対し、何発もビンタをするという体罰が日常化していました。周囲の知るところではあったのですが、ラグビーの名門ということで、これまでは黙認されてきたのです」

 毎年暮れから正月にかけて、大阪・花園ラグビー場で行われる全国高校ラグビー選手権。流通経済大学付属柏高校ラグビー部は昨年度まで18年連続出場。優勝経験こそないものの、ベスト8進出は5回を数え全国的にも強豪として知られる学校だ。系列の流通経済大学ラグビー部を経て、社会人ラグビーのトップリーグに進んでいるOBも少なくない名門校なのだ。

 スポーツ紙のラグビー担当記者がこう話す。

「千葉県は1990年代の前半まで高校ラグビーの後進県でしたが、流経大柏の台頭で、全国でも互角以上に戦えることを示した。今では東北や関西からも『流経でやりたい』という中学生が入学してきています」

 そしてチームをここまで育て上げたのが、他ならぬ体育科教諭でもある松井監督だった。ラグビー担当記者が続ける。

「松井監督は、高校ラグビーの名門である埼玉県立熊谷工業高校出身。その後、日本体育大学に進み、卒業後は都内の中学校教諭などを経て85年の流経大柏高校創立とともに赴任。10年度と11年度には高校日本代表の監督も務めている。全国の優秀な高校ラガーを率いた海外遠征でも好成績を収め、その手腕は高く評価されていた。昨年度も日本ラグビー協会の『ユース統括』として20歳以下世代の強化に携わっている」

 だが、こうした名声の裏で、耳を疑うような「鉄拳指導」がまかり通ってきたのである。前出・学校関係者が打ち明ける。

「ラグビー部員の多くは学校近くの寮で生活してますが、年に数人は松井監督の暴力を恐れて寮から“逃走”する生徒が出ています。そのたびに、教職員が手分けをして“捜索”に乗り出すということを繰り返してきました。たいていは柏市内の漫画喫茶などに隠れているのですが、多い時には年に5~6人はいました。教職員の間でも問題視する声はあったのですが、学校側は自校の名を上げてくれるスポーツ指導者ということで大目に見るという感じでした。しかし今回ばかりは、桜宮高校の一件で文科省が調査に乗り出したことで、隠し切れなくなったようです」

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由