社会

関東で頻発の“震度3超”が呼び込む!?「首都直下」巨大地震の“可能性”

“首都直下地震”を予感させるような揺れが続いている。12月4日午前10時38分ごろには、茨城県で震度4の地震があった。震源地は同県北部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はM4.8だったという。

「茨城県については、その地下が“火薬庫”と呼ばれるほど地震が多いことで有名。また、前日の3日には同じく震度4が栃木県と群馬県で起きている。気象庁では、震源の位置はそれぞれ茨城、栃木両県内の主に3カ所に分かれ、震源の深さや発生のメカニズムが異なり関連性は不明だといいます。ただ、茨城にはフィリピン海プレートの東の端がかかっており、今回の地震はそこが動いたのではと指摘する専門家もいます」(サイエンスライター)

 このところ、インドネシアで強い地震が起きるなど、日本列島の南側にあるフィリピン海プレートの動きが活発化しており、これが首都直下地震を起こす可能性もあると言われている。

「首都圏を走る活断層が刺激され動くこともあれば、まだ知られていない断層が動くこともありうる。恐ろしいのは、東京23区内の“推定活断層が”動くこと。推定活断層は資料が乏しく、詳しく調査をしない限り明確に存在や場所を特定できませんが、都内の地下に2000本近くが走っているとも言われます」(前出・ライター)

 さらに こちらもいつ起きてもおかしくないとされる南海トラフ巨大地震が、首都直下地震を誘発する事態も考えられるという。

「前回の南海トラフ地震(1944年、46年)の規模がやや小ぶりだったことから、エネルギーが溜まりに溜まっていると考えられます。もし、南海トラフの全域である南海、東南海、東海の3地域で地震が起きた際は、駿河湾下のエネルギーも開放され、首都直下型地震を誘発するかもしれない。そのときはもう、国難レベルということです」(地震研究機関関係者)

 とにかく、起こらないことを祈るばかりだ。

(蓮見茂)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
許せない!?内田理央の「胸揉まれ艶ドラマ」に地方の視聴者が大激怒のワケ
2
「テセウスの船」で見せた榮倉奈々の“ゾンビ”メイクが放送事故レベル?
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
松潤が学会員に!?井上真央の“意味深”インタビューにファンの「複雑胸中」
5
東出昌大と“不貞報道”唐田えりかのインスタグラムの“異変”と“異様”