スポーツ

「バットを太く、重くしてくれ!」中日・根尾昴のこだわりが謎すぎる!

 バットに関する新しい理論が登場した。2年目の躍進を誓う中日・根尾昂が、バットをモデルチェンジさせた。そこには「根尾流メソッド」へのこだわりがあったようだ。

「用具提供を受けているゼット社の工場を直接訪問し、バット職人と自分好みのオーダーを伝えたそうです」(名古屋在住記者)

 訪問した工場があるのは、福井県越前(武生工場)。プロ野球選手が契約メーカーを訪れ、用具に関する要望を直接伝えるのは、よくある話。しかし、根尾は歴代スラッガーとは異なるオーダーをバット職人に伝えていた。

「グリップエンドの形態を変更しました。秋季キャンプ中、高橋周平のバットを借りて打撃練習をし、その感触を気に入っていたようでした」(前出・名古屋在住記者)

 高橋のバットのグリップエンドは他の長距離スラッガーよりも「やや太め」と伝えている。おそらく、それをまねるのだろう。しかし、根尾の周囲もびっくりさせるような注文とは、グリップエンドの形態ではない。「重くしてくれ」と頼んだのだ。どの球団の主力選手もバットを変える時は、「細く、軽く」のはずだが…。

「根尾は『結果的に(ボールが)飛べばいい』とバット職人に伝えていました」(関係者)

 できあがった新バットは、推定910グラム。プロ野球界では900グラムよりも少し軽いものが愛用されているそうだ。

「バットが重くなれば、ボールに当たった際のインパクトは強くなるので飛距離は出ると思います。しかし、重いと速球に差し込まれることも多くなり、バットの重さに関しては、各選手とも、重さを少しずつ変えながら試し打ちをし、自分にあった、ちょうどいい加減のものを見つけています」(プロ野球OB)

 根尾は「この重さで」と即、オーダーしたという。おそらく、決めていたのだろう。バットの長さは変えていない。しかし、先端部分をスパッと真っ平にカットしてもらったので、見た目では、短くなった感じだ。この「太く、重く」のバットに根尾は口元を緩めていたそうだが、「まだ完成ではない」とも語っていた。重いバットで振り込み量を増やし、パワーアップをはかることが目的なのか? 単なる素振り用だったら、わざわざ工場まで行く必要はなかったはず。

「バットにこだわり出したのは、打撃向上に関する明確な目的ができたからです」(前出・名古屋在住記者)

 根尾は学業も優秀だった。天才にしかわからない感性の世界がバット工場で繰り広げられたようだ。今オフ、相当量の素振りをするのは間違いないが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」