スポーツ

「何をしに来た?」巨人ファンから厳しい声が飛ぶ引退・森福允彦の“誤算”

 すでに巨人から戦力外通告を受けていた森福允彦投手が、引退を決断したことが各スポーツ紙で報じられた。

 森福は当初、現役続行を希望し12球団合同トライアウトを受けてはいたが、台湾球界から誘いはあったものの、NPBからのオファーはなく意思を固めたのだという。

「トライアウトでは四死球は出したものの、打者3人に対し無安打2奪三振と、上々な出来でした。しかし、来季から大リーグではルール改正でワンポイントでのリリーフが禁止となり、日本球界もその余波を受けそうな気配となっている。そうしたことも、左のワンポイント専門の森福の選考に少なからず影響を与えたのかもしれません」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、とにもかくにも昨今の惨憺たる成績は大きいだろう。ソフトバンク時代は2011年、12と60試合以上の登板を果たして“左キラー”として確固たる地位を築き、13年にはWBCに出場。16年は50試合に登板で防御率2.00の成績を引っ提げFA権を行使、オフに2年総額4憶円の契約での鳴り物入りの巨人入りを果たすが、17年は春先早々から散々に打ち込まれ2軍行き。続く18年は1軍登板が2試合、今季も7試合とまったく良いところがなかった。

「それだけに、10月1日に戦力外通告を受けた時と同様、今回も巨人ファンからは《大金をもらっていったい何をしに来たのか》としたブーイングが殺到しています。そもそも、森福がソフトバンクを出る決断をした要因の一つに、ワンポイントのみの起用法への不満があったとされ、あくまで1イニングを任せてもらいたいという願望があった。しかし巨人では、1イニングどころかワンポイントでもおぼつかない状況から抜け出せなかったわけです。結局、森福の起用法をしっかりと見極めていたソフトバンクに見切りをつけたことが、選手生命を短くしてしまったとも言えますね」(夕刊紙記者)

 こだわりと実力に落差があったということか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”