芸能

「赤いジャージ問題」でカジサックがテツandトモに「謝罪」した日!

 キングコングの梶原雄太扮するユーチューバー・カジサックといえば赤いジャージが代名詞だが、そのジャージを脱がなければならいピンチが訪れた!

 YouTubeチャンネル「カジサックの部屋(キングコング梶原雄太)」、1月17日投稿の「【顔面崩壊】テツandトモさんとコラボした結果…」でのことだ。

 冒頭、梶原がテツandトモをゲストに招いた理由を説明した。

「ずっと(コメント欄に)あるんですよ。ジャージ問題なんですけど。“おい!カジサック、テツandトモさんに許可取ってんのか?”って。…でね、許可取ってないんですよ」

 赤いジャージといえばテツが先輩だと、今回、直接許可を申請し、許可が取れなければ赤いジャージは脱ぐと宣言して2人を迎えたのだ。

「薄々は感じられてると思うんです…やっぱりその…ね…ジャージなんですけど…ちょっとその…はい。私ジャージ赤でやらしていただいてて…」と梶原が頭を下げ、謝罪の意を示すと、テツは、「カジサックさんはYouTube立ち上げて何年でしたっけね~?」と、大上段から見下ろす顔つきで質問。カジサックが、「18年の10月1日なので、約1年3か月か4か月経ってます」と言うと、テツが「なるほどね、ふ~ん。ちょっと遅かったな!」と芝居がかった大げさな言い回しで、スタジオの笑いを誘ったのだった。しかしその後、テツは、

「赤ジャージは誰のものでもないですし、ボクらがとやかく言うことじゃないですよ。赤ジャージ同盟作りましょうよ」と言い、梶原とガッチリ熱い握手を交わして一件落着。最後は彼らの持ちネタ「なんでだろう」を梶原とコラボ披露して健在をアピールした。

 そんな男気のあるテツの所作に、視聴者からは「営業の日本一はテツトモじゃないかなー!」と賛辞のコメントも寄せられた。デビュー22年を迎えた今年も、テツandトモは大暴れの予感だ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”