芸能

松たか子は「由美かおる後継者」になる(3)子育ての野望も順調に進み…

 すでに、松の次回作は決定している。今年公開予定の映画「峠 最後のサムライ」(松竹)だ。司馬遼太郎原作の歴史小説の映画化だけに、ラブシーンなどの期待感は小さい。だが、沖氏はこう話す。

「全てを見せないのに色香を体現できる、松は希少な女優です。いっそ一糸まとわぬ姿になるより、入浴シーンを極めてほしいですね。次回作は幕末から戊辰戦争にかけての時代劇。板の隙間から湯気が漏れ、その奥にある杉風呂で日本髪を結ったうなじに手拭いを当てる‥‥。そういうシーンを演じられるのは、日本で由美かおる(69)以降は、松しかいないのではないでしょうか」

 由美といえば、ドラマ「水戸黄門」(TBS系)での入浴シーンはあまりにも有名。実に200回も演じたことで、「同一ドラマシリーズにおける1人の俳優の入浴シーン放映回数」でギネス世界記録に認定されているほどだ。

 松には「後継者」として、この記録を抜いてほしいところだが‥‥。

「時代劇受難の時代で、長らく続くシリーズドラマがない状況ですから、さすがに入浴回数を抜くのは無理でしょう。でも、由美は50代後半まで入浴シーンを演じた。松がその年齢を超えることは不可能ではないのでは。今回の『ラストレター』で、松は由美のようにいくつになっても、ほんのりとした色香の中にも凛とした雰囲気を保っていることが証明されたわけですからね」(沖氏)

 しかも、松が女優業に打ち込める環境は整っている。現在、夫の佐橋との間に授かった長女は4歳。まだまだ手がかかる時期だが、夫と実母がしっかりとサポートしてくれているのだ。

「先頃、出演したバラエティー番組で、松は舞台の地方公演で長期間、家を留守にすることがあり、夫から『マグロ漁船の漁師と結婚した気分』とジョークを言われたことを告白。それだけ夫婦仲が良好ということなんでしょう。地方公演の週末には長女を地方に呼んで、一緒に過ごしているそうです。女優としての野望もそうですが、長女を音楽家にするという子育ての野望もかなえようとしている。どちらも順調に進んでいるようです」(芸能記者)

 公私ともに充実しており、スクリーン上で何度も入浴できる下地はできた。梨園出身らしく、ぜひとも松には「二代目由美かおる」を襲名してほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング