芸能

宍戸錠“豊頬手術”に秘められた「覚悟」/「昭和スター」破天荒列伝(終)

 また一人、昭和の名優がこの世を去ってしまった。

 1月18日、“エースのジョー”の愛称で親しまれ、日活の黄金期を支えた俳優の宍戸錠さんが亡くなった。

 宍戸さんといえば、悪役キャラを際立たせるために液状パラフィン「オルガノーゲン」を注入する豊頬手術を受け、ぷっくりと膨らんだホオがトレードマークだった。

「整形手術をする芸能人は数多いが、それはいずれも形を整え、美しく若さを保ためのもの。ところが宍戸さんは、二枚目俳優としての道を捨て、あえて顔のバランスを崩すような“逆・整形”に踏み切った。担当医も最後まで反対していたといいますが、宍戸さんの決意と覚悟は固かった。そんな俳優は、後にも先にも宍戸さん以外に存在しません」(映画ライター)

 豪快で破天荒とは、まさに宍戸さんのことなのである。

「代表作は数多く、中でも『仁義なき戦い』シリーズで演じた大友勝利の狂犬ぶり、迫力のあるドスのきいた演技への評価は、非常に高いものがありました」(前出・映画ライター)

 ちなみにホオの膨らみは、01年の再手術で除去。宍戸によれば、取り出したオルガノーゲンは石灰化しており、「着色されていないカズノコのようだった」という。

「俳優人生を変えてくれたオルガノーゲンは、自宅に持ち帰ってホルマリン漬けにして記念に保管していたそうですが、13年に自宅が全焼し、これも焼失してしまったといいます。いずれにせよ、日本の映画史に深く刻まれた伝説の俳優の名前は、今後も消えることはないでしょう」(前出・映画ライター)

 ご冥福をお祈りしたい。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
4
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)