芸能

宍戸錠“豊頬手術”に秘められた「覚悟」/「昭和スター」破天荒列伝(終)

 また一人、昭和の名優がこの世を去ってしまった。

 1月18日、“エースのジョー”の愛称で親しまれ、日活の黄金期を支えた俳優の宍戸錠さんが亡くなった。

 宍戸さんといえば、悪役キャラを際立たせるために液状パラフィン「オルガノーゲン」を注入する豊頬手術を受け、ぷっくりと膨らんだホオがトレードマークだった。

「整形手術をする芸能人は数多いが、それはいずれも形を整え、美しく若さを保ためのもの。ところが宍戸さんは、二枚目俳優としての道を捨て、あえて顔のバランスを崩すような“逆・整形”に踏み切った。担当医も最後まで反対していたといいますが、宍戸さんの決意と覚悟は固かった。そんな俳優は、後にも先にも宍戸さん以外に存在しません」(映画ライター)

 豪快で破天荒とは、まさに宍戸さんのことなのである。

「代表作は数多く、中でも『仁義なき戦い』シリーズで演じた大友勝利の狂犬ぶり、迫力のあるドスのきいた演技への評価は、非常に高いものがありました」(前出・映画ライター)

 ちなみにホオの膨らみは、01年の再手術で除去。宍戸によれば、取り出したオルガノーゲンは石灰化しており、「着色されていないカズノコのようだった」という。

「俳優人生を変えてくれたオルガノーゲンは、自宅に持ち帰ってホルマリン漬けにして記念に保管していたそうですが、13年に自宅が全焼し、これも焼失してしまったといいます。いずれにせよ、日本の映画史に深く刻まれた伝説の俳優の名前は、今後も消えることはないでしょう」(前出・映画ライター)

 ご冥福をお祈りしたい。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!