芸能

橋本マナミ、「ふしだらな昼下がり」は激淫!/「子年生まれ女優」情欲場面(1)

 子ネズミのように俊敏な若さの96年生まれは、満24歳。繁殖力ではまだまだ現役の84年生まれは、女盛りの満36歳。世代を越えた肉弾相打つバトルが幕を開ける──。

 昨年、日本映画で最高の配給収入を記録したのは「天気の子」(東宝)だ。RADWIMPSとともに主題歌を歌い、昨年の紅白歌合戦にも出場した三浦透子(23)に、意外な情欲シーンがあったのだ。

 名物編集者・末井昭氏の自伝を映画化した「素敵なダイナマイトスキャンダル」(18年、東京テアトル)で、主人公の不貞相手役を演じていた。映画評論家・秋本鉄次氏が言う。

「不貞相手の柄本佑とのベッドシーンでは、実に堂々とした脱ぎっぷり。かなり肉感的なボディの持ち主で、アエギの表情も悩ましかった。そんな女優が紅白に出たことで、映像の価値は一段と高まりました」

 もう一人、この世代で健闘したのは小松菜奈(23)。秋本氏は、初主演作「溺れるナイフ」(16年、ギャガ)を高く評価する。全脱ぎなどはしていないというが、

「菅田将暉との幻想的な水中ラブシーンや、狂信的なファンに暴行されそうになる場面は迫力がありました。特に暴行未遂のほうは、押し倒されて命からがら逃げる場面で、女優としての真価を発揮しました」

 三十路も半ばとなる84年生まれは、さらに濃厚な場面が多い。02年の朝ドラ「まんてん」のヒロインだった宮地真緒(35)は、何作か脱ぎ姿を披露。その中から選ぶなら、若妻役に挑んだ「妻が恋した夏」(14年、アルゴ・ピクチャーズ)だろうか。

 彼女が演じたのは、妊娠3カ月で亡くなった若妻・かおり。性生活がなかった妻は誰の子を宿したのか、夫はその謎を探る旅に出る。生前のかおりは、小学校の同級生だった中村と偶然に出会う。中村は病気で余命宣告をされており、かおりに「死にたくない」としがみつく。やがて、一線を越えた二人。グラビアでも活躍した宮地のスレンダー美バストがくっきりと銀幕に映し出された…。

 宮地と同じく朝ドラヒロインだったのは、04年の「わかば」で注目された原田夏希(35)である。原田が初脱ぎを見せたのは、なんと「極道の妻たちNeo」(13年、東映ビデオ)だ。原田は、モンスターのような切れ味を持つ姐・アザミを演じている。

「あの清純派だった原田が、ここではタンカを切ったり、男の上にまたがってみずから腰を振ったりする大胆な役どころ。小ぶりながら胸も初見せしているし、もっとアピールしてもよかったはずですが、不思議と宣伝は控えめでした」(秋本氏)

 映画のほとんどが乱れ交わるシーンで話題になったのは「愛の渦」(14年、クロックワークス)だ。今をときめく門脇麦が衝撃の全脱ぎで交わるシーンを見せたことでも知られるが、豊かなボディの三津谷葉子(35)も負けじと“競艶”していた。

「パーティーに参加するOLの役でしたが、性行為が好きすぎて、性病を持っているという設定。Fカップのバストが揉みしだかれる場面は、ヒロインの門脇麦が微胸だっただけに、対比として効果的でした」(秋本氏)

 三津谷は他にも「ITバブルと寝た女たち」(07年、アートポート)や「欲動」(14年、太秦)でもベッドシーンをこなしているが、残念ながら“セミ”止まり。次回こそフル脱ぎを拝みたい。

 人気艶系女優・みひろの自伝的小説を映画化した「nude」(10年、ハピネット)で体当たり演技を見せたのは、美人女優の渡辺奈緒子(35)だった。同年には「アウトレイジ」(ワーナー・ブラザース)でも椎名桔平の情婦役でスレンダーな肢体を見せたが、本作は艶系女優になることの葛藤が主題なので、カラミのシーンがふんだんに出てくる。

 残念ながら現在、渡辺は活動を休止しているが、再び華麗な姿を見せてほしい。

 そして近年、憑依型の女優として評価を高めている松本まりか(35)は、ドラマ「ホリデイラブ」(18年、テレビ朝日系)で不貞に走る既婚者・里奈役を熱演。肌着姿の濃厚ラブシーンだけでなく、夫に服を引きちぎられるシーンもあった。同作で演じた「あざとかわいい女役」は、松本の女優としての分岐点になったようだ。

 最後は、新婚間もない橋本マナミ(35)の「光」(17年、ファントム・フィルム)を紹介しよう。

「橋本が演じたのは、生活に疲れた1児の母・南海子。昼下がりから男のもとへいそいそと通っては情交を重ねる。その男は、実は夫(井浦新)の幼なじみ(瑛太)でした。橋本が狭いアパートのドアを開けたらすぐに始まり、不貞相手から『お前も好きだな』と蔑まれる。完脱ぎこそしていないものの、すえた匂いがするような名場面でした」(秋本氏)

 私生活でも結婚した今なら、さらに妖艶な役ができるはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」