芸能

古坂大魔王、「ピコ太郎誕生」のナルホドな裏話を「意外な番組」で激白!

 スピードワゴン井戸田潤扮するハンバーグ師匠のYouTubeチャンネル『ハンバーグ師匠のミュージックライフ』の1月22日に投稿された「【ガチ依頼】曲の値段から曲作りの裏側まで古坂大魔王がノンストップでぶっちゃけまくり!」にお笑いタレントで音楽プロデューサーの古坂大魔王がゲスト出演した。

 ハンバーグフェスを開催して曲を披露したいという井戸田の思いから、「ピコ太郎のプロデューサー」でもある古坂に楽曲提供をお願いしようという内容だった。

井戸田の依頼を快諾した古坂は、曲作りの進め方についてこう語った。

「オレ、ファーストインスピレーションを最近大事にしてるのよ。大きな会社の場合、音楽だと曲の会議とかあるのよ。こうして、ああして、こうしてとか、それをオレ全部逆でいこうと思って。『思いついたヤツ、決定!』それをどうするかだけ。お笑いのネタ作りも最初の掛け合いが一番おもしろいじゃん。それをガンガン練って客前用にするんだけど、この動画の時代って、みんな個人で観てるから、いわゆる100人で観るっていう(ライブ会場のような)集団催眠みたいな状況じゃなくて、家でこうやって観てるわけ(姿勢を崩してスマホを眺める仕草を作る古坂)。そんな時代にガンガンってやっても、いまいちおもしろくない」

 そして、ピコ太郎を世に送り出し一世を風靡した楽曲「PPAP」が流行った理由についてこう分析した。

「きっとPPAPが流行ったのも、言い方変だけどやる気がないというか、みんなにウケようと思ってない。あんなヤツ(ピコ太郎)がいたって売れるわけないというか(笑)。曲全部1分、見た目思いっきり反社(反社会的勢力)みたいな感じ。…だから、流行ったんだと思うんだよね。なぜなら誰もやろうとも思わないから」

 続編の1月23日に投稿された「【裏話】音楽業界のリアルを古坂大魔王がぶっちゃけ!【師匠】目からウロコ!」では配信やCDの将来について古坂が言及している。

 井戸田のYouTubeチャンネル番組という意外な舞台で明かされた興味深い話の数々に、「ピコ太郎」で一世を風靡した古坂の「次の一手」にも興味津々になってくる。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス