芸能

宮迫博之のチャンネルはカジサックの逆張り?「ニッチ狙い」で成功確実か

 闇営業問題を原因とする活動自粛を経て、YouTuberとしての復活を果たした宮迫博之。公式チャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」の登録者数は開設1週間もたたないうちに50万人近くに及んでおり、その人気ぶりを示している。

 1月29日に初投稿した「宮迫博之よりご報告」という動画はすでに500万回近くも再生されているが、一方で【低く評価】は18万件にも及び、【高く評価】の11万件を大きく上待っているのが実情だ。このように賛否両方を集めている宮迫を巡り、今後の成功を予想する声もあるという。YouTube事情に詳しいネット系ライターが指摘する。

「宮迫はチャンネル開設後の1週間で7本の動画を投稿。1日1本というハイペースはYouTubeで成功する条件の一つであり、それを忠実に守っています。そして見逃せないのが動画で共演しているゲストたち。宮迫への支援を表明しているヒカル、そしてレぺゼン地球といったYouTuberとのコラボには注目です。芸人YouTuberの場合、カジサックことキングコング梶原雄太のように動画のゲストは同じ芸人ばかりというのが相場。畑違いのYouTuberと親交のある芸人はほとんどおらず、【芸人×YouTuber】というコラボはありそうでなかったニッチな分野でした。その点、芸人とのコラボがもはや難しい宮迫ならYouTuberとのコラボに抵抗もなく、新しい分野を切り開いていけそうです」

 芸人とは絡まずにYouTuberをゲストに呼ぶ宮迫のスタイルは、カジサックの逆張りとも言えそうだ。しかも宮迫の場合、今のポジションならではの強みも発揮できるという。ネット系ライターが続ける。

「コラボ相手のレペゼン地球は昨年7月にフェイクパワハラ動画で炎上。それが原因で9月に予定していたメットライフドーム公演も中止に追い込まれ、ダーティーなイメージのついたレペゼン地球はもはや芸能人との共演は不可能でしょう。しかし宮迫は自分自身が闇営業問題というダーティーな一件で吉本から契約解除された経緯があり、レペゼン地球との共演にも躊躇はなかったはず。このように現在の宮迫は、どんな相手とでも組めるという強みを持っているのです。それゆえ炎上系YouTuberとのコラボもへっちゃらですし、何らかの事件で有罪判決を受けた芸能人を呼ぶことすらできそうなもの。もはや守るべきイメージのない宮迫には《持たざる者の強み》があるのではないでしょうか」

 宮迫のYouTuber転身は、新たなダークヒーローの誕生なのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故