事件

「紳助とやすし」暴君の系譜(1)

  暴力と肉欲にまみれた、紳助親分の足跡は騒動 以降、さまざまな角度から明らかとなってきた。 しかし、暴君の野望は想像以上に果てしなかっ たようだ。さながら「非道盃」の「血風録」 は、まだまだ話が尽きないのである。

芸人として島田紳助(55)が好き放題やってきた足跡は、ある意味で伝説の芸人と符合する。のちの権力者は、その背中をどう見てきたのだろうか。今は亡き大親分・横山やすし(享年51)にとっては、天下の紳助親分といえど単なる舎弟の一人だったのである。
*
ベテラン芸能記者が言う。
「芸風で2人を比べてみると、どぎつい言葉を駆使するスタイルは一見、似ているように見えます。しかし、やすしは売れ出した頃の紳助竜助に『お前らのはチンピラ漫才や!』と格が違うということを伝えるかのように一喝したんです」
 ところが、ここで紳助がうまく切り返したという。「『やすきよの漫才はダービー。僕らには出場できないレースです。だから僕らは種目の違う障害レースで1位を狙っています』とね。もしかしたら、やすしは紳助の実力に脅威を感じて、ビビらせようとしたのかもしれない。でも、ここまで持ち上げられたら悪い気はしないでしょう」(前出・ベテラン芸能記者)
 自身は下に厳しい紳助だが、おそれおおいやすしを相手に程よい距離を取った「舎弟」となることに成功したようだ。
 口八丁で芸能界のトップへと上り詰めた、紳助らしいエピソードである。
 96年1月、やすしが急逝すると、紳助は当時を思い出すように、こんな言葉で追悼の意を述べた。
「漫才ブームの時に、漫才のことで2~3時間、議論したことがあった。それで認めてくれて、白のつなぎを買ってくれたんです。僕らには怖い以外の何者でもない人だった。雲の上の存在でした」
「白のつなぎ」は、やすしから紳助への「盃」継承だったのだろうか。
 確かに度重なる暴力ざたや愛人問題など、芸人として常識にとらわれない部分だけは確実に継承されているように見える。
 とはいえ、芸能レポーターの石川敏男氏は、2人を比較してこう評した。「やっさんには金がなかった。宵越しの金は持たない人で、あればギャンブルにつぎ込み、セスナを買ったりもしました。一方で紳助は、蓄財がうまかった。そして私利私欲に走ったんです。ここは決定的に違うと思います」
 あるいは紳助が金を貯め込み、副業に精を出すのはもしかしたら、大親分・やすしを反面教師としたからではなかっただろうか。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
2
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
3
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり