スポーツ

新大関・琴奨菊の土俵際がぶられまくり伝説(1)実はチキンハートの新大関

がぶり寄りの琴奨菊が大関に昇進した。日本人大関の誕生は実に4年ぶりで、横綱へ期待の声も高まっている。剣豪・宮本武蔵の「万理一空」の境地を目指す円熟の青年大関だが、母校・明徳義塾時代には先輩の朝青龍からイジメの洗礼を受け、タジタジだったというのだ─。

実はチキンハートの新大関
「『万理一空』の境地を求め、日々努力精進いたします」
 剣豪・宮本武蔵の「五輪書」から引いた言葉を口上に、琴奨菊(27)が念願の大関に昇進した。 
最近では珍しい、素直で真面目な力士の素顔について、佐渡ヶ嶽部屋関係者が言う。
「琴奨菊はまるで下戸。筆まめで、趣味といえばブログ制作です。昨年相撲界の八百長騒動のさなか、ギャンブルに興じていたとして、謹慎処分になりましたが、やっていたのは花札。犯罪性は限りなく薄い。でも、ヤツは『後援者に面目ないことをした』と言って、謹慎中に後援会関係者約300人に宛てて詫び状を出した。しかも、全員手書きです。普通なら、1通だけ手書きでそのコピーを郵送するところですが、全部直筆でした。いや、もう生真面目なんですよ」
 後援者は琴奨菊からの心の籠もった詫び状を受け取って、あらためてファンになったというが、実は大関獲りを念頭に昨年から始めたのが写経だった。
 スポーツ紙記者が言う。
「ひとりひとりに直筆の詫び状を書いていたら、知らず知らずのうちに心が落ち着いてきたそうです。だったら、写経をやってみるのもいいと、知人から勧められたのがきっかけでした。写経は般若心経を一字一句写していくものですが、ぜひやってみようと江東区にある深川不動尊に足を運び、写経するようになったんです。琴奨菊の謙虚さを表すのが、写経した紙に記す願い事。『大関昇進』と書くのかと思いきや、『感謝の心』と書いたのです」
 明徳義塾の先輩、朝青龍なら「大相撲制覇」とでも書きそうなところだが、まるで地味な人柄なのだ。
 大関昇進を目前にして、もう一つ琴奨菊が行っていたことがある。それはメンタルトレーニングの一つとしての呼吸法である。
「琴奨菊は知る人ぞ知るチキンハートです。小心さを克服するため、大関昇進のかかる名古屋場所が始まる前、東海大学体育学部で応用スポーツ心理学を研究する高妻容一教授のもとを訪ねた。そこで受けたテストでもメンタル面が弱いと判明したそうです。高妻教授は、土俵上でなぜ琴奨菊のふだんのリズムが崩れやすいかを分析した。結果、立ち合いで相手をにらむという行動に着目。それが呼吸を乱していると結論づけました。琴奨菊は平常心を保つために、意識して深呼吸をするといいとアドバイスされ、それを実践していたといいます」(前出・スポーツ紙記者)
 実はあの「世界の王貞治」も丹田呼吸法を実践して、一本足打法を完成させたし、千代の富士も呼吸法をマスターして一時代を築き上げた。琴奨菊のメンタルトレーニングはすこぶる意義深いことだったのだ。

カテゴリー: スポーツ   パーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?