スポーツ

T-岡田、今春1号のアーチを放つも“勝負年”に「危険信号点灯」懸念のワケ

 T-岡田(32)が見事な快音を飛ばした。オリックス・バッファローズの春季キャンプ(宮崎市清武総合運動公園・SOKKENスタジアム)で行われた紅白戦に出場したのは去る2月9日。榊原翼(21)の投じた失投気味の高めのストレートをライトスタンドまで運んだのだ。

 今年初の実戦で結果を残した格好だが、熾烈なレギュラー争いは継続中だ。

「今年は、メジャー通算282本塁打のアダム・ジョーンズ(34)が入団しました。ファースト、レフト、指名打者のいずれかでの起用が濃厚です。さらに、同じく新加入のアデルリン・ロドリゲス(28)や昨季途中に金銭トレードで加入したモヤ(28)も同様のポジションを主戦場としています。外国人枠の兼ね合いはありますが、ポジションのかぶるT-岡田は、彼らを上回るアピールを続けないと昨季以上に出場機会を失いかねません」(スポーツ紙記者)

 昨季の1軍での出場試合は、わずか20試合。シーズンのほとんどを2軍で暮らした。本塁打も17年に31本を放ったのを最後に、18年13本、19年1本と、かつて本塁打王を獲得した打棒は年々下降線をたどっていた。今シーズンは、メジャーの大物を含む助っ人3人とのレギュラー争いになるため、昨季以上に厳しいレギュラー争いが予想されている。そんな苦境を打開するべく、今オフは武者修行に励んだ。

「12月末までプエルトリコでウインターリーグに参加していました。22試合に出場して打率こそ2割と確実性を欠きましたが、本塁打を4本、9打点と一定の結果を残しました」(前出・スポーツ紙記者)

 オフから休みなく、春季キャンプに臨んだ結果が如実に表れたわけだが、ベテランの身体をいたわる声もチラホラ。

「調子のピークが開幕まで持つかどうか。30代の選手がウインターリーグに参加することは異例中の異例。レギュラー獲得に必死になりすぎて、シーズン前にバテなければいいのですが…」(前出・スポーツ紙記者)

 背水の陣とはいえ、いささか飛ばしすぎではないか!?日本人野手では、キャッチャーの山崎勝己(37)に次いで2番目に高齢のT-岡田。故障にはくれぐれも気をつけていただきたいところだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
2
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!
3
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!