女子アナ

「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ

 NHKが春の改編で敢行する、人気女子アナ2人の「朝夜コンバート」が大きな話題となっている。「ニュースウオッチ9」でMCを務める桑子真帆アナ(32)と、「おはよう日本」のMC・和久田麻由子アナ(31)がそっくり入れ替わるのだが、これを「上層部を巻き込んだエース女子アナの『覇権バトル』」だとNHK関係者は語る。

「桑子アナが2年連続で続けた『紅白歌合戦』の総合司会の座を、昨年は和久田アナが奪ったことからもわかりますが、上層部の間で『桑子推し』『和久田推し』がハッキリと分かれている。局内でもこのコンバートで『どちらが本当のエースか、白黒つけさせる』という意味合いがあるようです」

 同関係者は「現状は和久田アナの圧倒的優勢」だと明かす。

「2月13日に両者が出席した発表記者会見では、明らかに和久田アナに多くのフラッシュが焚かれていた。注目度に歴然の差があります。また『無類の酒好きである桑子アナに、朝の仕事は絶対ムリ』ともささやかれている」

 加えて桑子アナには、さらなる逆風が吹いているという。

「昨年から『ニュース7』サブキャスターを務める上原光紀アナ(28)の台頭は、桑子アナにとっては驚異そのものでしょうね」(前出・NHK関係者)

 つい先日、慶応大学の先輩にあたる銀行員との結婚報道で話題を振りまいた上原アナだが、

「実は、彼女は桑子アナへの強烈なライバル心を持っているんです」

 と同関係者は語る。

「5年前、広島放送局に上原アナが桑子アナと入れ替わる形で配属されたのですが、そこで上原アナは『桑子さんには絶対負けたくない』と口癖のように周りに言っていたとか。今後の彼女の活躍次第では、上原・和久田“二強体制”もありうるかも」(前出・NHK関係者)

 2月18日発売の週刊アサヒ芸能2月27日号は、さらに民放局も交えた、この春大きく書き換えられるだろう女子アナ勢力地図を大胆予想している。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】