芸能

プッツン女優、その奇行や奇抜な発言は今も健在!?

「プッツン女優」という言葉は、明石家さんまが石原真理(49)に言い放ったのが始まりとか。かつてダウンタウンの浜田雅功を怒らせたという藤谷美和子(49)ともども、その奇行や奇抜な発言は今も健在のようだ。

 昨年4月、スポーツ紙に「徘徊生活」とまで書かれた藤谷。夕方になると出没するという神奈川県の小田原駅前から程近い自宅マンションを訪ねてみた。

「ここに住んでいるかというと、イエスとは言い切れないな。ホテル暮らしをしているという噂も聞いたことがあるからね。ただ、猫がいなくなった今でも、多い時で週に4日ぐらい姿を見かける」(近所の住人)

 昨年、藤谷がボサボサ頭で派手なキャリーバッグを引っ張り、自宅そばの空き家に猫小屋を建てて世話をしていたことが発覚。

「近所のおばあちゃんが亡くなり、残された飼い猫を不憫に思って世話を始めたんだろうね。キャスターに水やキャットフードを入れて通っていた。でも、今も同じスタイルで歩いてるけどね(笑)」(別の住人)

 夏は日傘で、冬は発泡スチロールで飾られた「猫屋敷」は、不動産業者から苦情が出たことで今はきれいに片づけられ、猫の姿もなくなった。芸能レポーターが語る。

「藤谷は05年に演出家の岡村俊一氏と結婚するも、当時から別居婚でした。彼女はスポーツ紙の直撃に『離婚したい』と不満を口にしていましたが、岡村さんは保護者のような関係であり、彼の援助がないと暮らせない状況なんでしょう。岡村さんにしても、更年期に伴う彼女の心身の不調からの回復を待っているんだと思います」

 この日、藤谷がマンションに戻ることはなかったが、一緒に暮らしていた母親の姿も「数年前から見ていない」(マンション住人)。芸能活動の休止状態はまだまだ続きそうだ。

 もう一人のプッツン女優・石原は、ブログ「ふわっとした瞬間」に近況をつづっている。ただ、それは誰の目にも「異変」を感じさせる内容なのだ。例えばこんな感じ──。

「本物のアクエリアスとして。グローバルに生きている。天の智慧の水を買いませんか?」という不可解なタイトルで、

〈神から託された水瓶を持っておりまして。(中略)地球人に教える立場の人間なのですよ、わたくし〉

 と展開。あるいは、

「『笑っていいとも!』(フジテレビ系)司会のタモリに延々といちゃもんをつけていたり、『電通様』というタイトルでCM批判も。私を起用しなさいよという売り込みっぽい書きっぷりです」(ワイドショーデスク)

 芸能プロ関係者によれば、

「この春からバリ島に滞在中のようです。仕事をしている形跡はない。玉置浩二と破局した時、金銭で解決したようですが、すでに3年を経てそろそろピンチを迎えているようです。かつて仕事をした関係者に連絡が入り始めました」

 現場復帰秒読みか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え