芸能

「奥さんのことは言わへん」千原せいじが語った“不貞時のマイルール”が不評

 お笑いタレントの千原せいじが2月15日放送の「あさパラ!」(読売テレビ)に出演し、女優の鈴木杏樹との不貞騒動に揺れる俳優の喜多村緑郎について言及している。

 新型コロナウイルスへの感染予防対策としてインドのカレーによもやの注目が集まっているとの話題が紹介されると、同番組MCのハイヒール・リンゴは「せいじ君!カレーといえばせいじ君じゃないですか」と、昨年の不貞発覚時に結婚生活のマンネリをカレーライスとハヤシライスにたとえて説明したせいじに突然のパス。

 苦笑を浮かべたせいじは「そうですね、第一人者ですね」と同調すると、「(カレーには)いろんな効果がある。でも、良い効果でも食べ過ぎは良くない」と自身の“体験談”をもとにコメント。今や不貞を自虐ネタとして巧みに扱い、さらりとかわしてみせたが、喜多村が鈴木に対して、“そのうち妻とは別れて独り身になるつもり”だとそそのかしていた点については「オレは(不貞相手に)奥さんのことは言わへん。独り身になるとか」と一蹴。せいじなりに不貞の際のポリシーがあることを示唆した。

「不貞をするにしても“セコイウソ”はつきたくないというせいじのこだわりが見えた瞬間でしたが、開き直ったかのような印象を与えたのか、ネットでは『奥さんのことを言わないから何なんだ?って話。不貞は不貞』『だから何?って感じ。“男らしいオレ”を自慢したいのかな?奥さんに救われてるだけでしょ』『この人が他人の過ちを批評する立場ではない』と不評。今回のハイヒール・リンゴもそうですが、今やあらゆる番組のMCやレギュラー陣に吉本興業のタレントが散在しているため、せいじにとっては身内からの甘口なイジりを受けられるかなり恵まれた環境といえます。それに味をしめたのか、“2度の不貞”にもあまり悪びれる様子を見せていないように映るせいじから、“不貞時のこだわり”を熱弁されても世間からの反感を集めてしまうのは致し方ないでしょう」(テレビ誌ライター)

 当分は“何を言っても叩かれる”状態が続くだろうが、それも自分が撒いた種。お笑いタレントとして地上波テレビ放送に出演できているだけ、かなりラッキー?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!