社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<排尿トラブル>「『尿意は我慢しない』は間違いだった」

 くしゃみをした時や歩いている時に、尿が漏れて慌てたことはないだろうか。中高年男性の尿漏れの原因の多くは「前立腺肥大症」だ。

 加齢に伴い前立腺が大きくなると、尿道や膀胱が圧迫され、尿が出づらくなることで、前立腺などの筋肉が排尿しようと頑張りすぎて過剰に収縮し、脳との連携もスムーズにいかなくなり、「過活動膀胱」の状態となるのだ。

 他にも、夜中に何度もトイレに行く「夜間頻尿」や、「残尿感」を感じたり尿の勢いがなくなる、尿のキレが悪いなど、さまざまな要因につながる。排尿トラブルは、60代の男性では半数以上、高齢男性のほとんどが抱えているといわれ、生活に支障がないかぎり治療の必要はない。

 ただし、排尿してもまたトイレに行きたくなる「尿しぶり(尿意急迫)」が長く続くと、急に尿意をもよおす「切迫性尿失禁」につながるおそれがある。さらに悪化すれば、尿道が完全にふさがり、尿が漏れ出る「溢流(いつりゅう)性尿失禁」を引き起こす。これによって腎不全などのリスクも高まるため、早急な治療が必要だろう。

 排尿トラブルを解消するには、適正な水分摂取を心がけたい。冬場は1リットル、夏場は1.5リットル、運動をした時は2リットルの補給が目安である。

 最近は、インナーマッスルを鍛えている人のほうが、尿トラブルが少ないこともわかっているため、姿勢を正して、体幹やインナーマッスルを鍛えることも意識したい。

 ちなみに、「トイレは我慢しないほうがよい」とよく言うが、それは間違い。

 なぜなら、頻繁にトイレに行くことで、普通は400ccくらい尿をためられるのに、150ccくらいで我慢できなくなってしまい、頻尿になることがあるからだ。

 1日9回以上トイレに行く人は、多少は、我慢することを意識してみる必要がありそうだ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕