スポーツ

ラミレス監督、「今年最も警戒が必要なライバル球団」を告白した意外な番組!

 新型コロナウィルスの影響で、無観客試合ながら、オープン戦が始まり、いよいよ3月20日に迫るペナントレースの開幕を待ちわびているプロ野球ファンも多いことであろう。

 セパ両リーグの順位やどの球団が日本一になるかと気が早い予想を始める野球関係者やコメンテーターも現れる季節に差し掛かりつつあるが、そんな中、横浜DeNAベイスターズの現役監督であるアレックス・ラミレス氏が今年一番警戒すべきライバル球団について語った。

 横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)で活躍した元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル「高木豊 Takagi Yutaka」の2月17日に投稿された『【ラミレス監督】現役時に対戦して感じた凄い投手、2020シーズン目標、意気込みを聞きます!』でのことだ。

 高木氏が「今年は予想で(横浜DeNAに)優勝にしようと思ってるんですよ。去年はセリーグ巨人、パリーグは西武で当ててるわけ。その期待に応えられるだけの力も経験もラミちゃんには備わっている」と伝えると、ラミレス監督は「ありがとうございます。ボクは今年で5年目ですが、今年が一番チームの状態が良い。ボクがDeNA優勝と予想しています」と自信をもって応じた。

 しかし、“敢えての質問”ということで、「今年、セリーグ見渡して、一番警戒するチームはどこ?」と問う高木氏。ラミレス監督が「中日ドラゴンズ」と回答すると、「一緒」と、高木氏は手を伸ばし握手を求めた。

 ラミレス監督は中日を選んだ理由をこう答えた。

「キャッチャーとしても監督としても成功しているヘッドコーチの伊東(勤)さんがいて、それとバッテリーコーチの中村(武志)さん、彼もずっとレギュラーとして活躍し、素晴らしい頭脳も持っている。キャッチャー経験の2人がいると、投手に与える影響がすごく良い」

 この意見に、視聴者も〈なぜ今年中日が来ると思うのかって理由で、選手を挙げる人はかなりいるけど、ヘッドコーチとバッテリーコーチを挙げてるのはラミちゃんくらいじゃないか?〉とコメントをよせるなど感心している様子だ。

 ラミちゃんといえば現役時代、ホームランを打った後の「ゲッツ!」(ダンディ坂野のギャグ)のポーズが有名だが、みごとペナントレースを制して、ふたたびあのポーズをカメラの前で派手に決めてもらいたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス