女子アナ

久慈暁子、宮司愛海との「フジ・エースアナ対決」で圧倒するジャンルとは?

A フジテレビ・宮司愛海アナの写真集「S-PARK 特別編集 宮司愛海フォトブック まっすぐ」が評判いいみたいですね。

B キー局の現役女子アナの単体写真集は異例のこと。もともと美人でスタイルも抜群だけど、髪をショートにして清潔感を前面に、爽やかな仕事ぶりの彼女だからこそ実現したと言えるでしょう。これがもっと胸が大きかったり、ぶりっ子アナだったら、あざとくなってしまう。

C もちろん東京五輪報道のエースとして、その存在を内外にアピールしていきたいというフジの狙いあってのことでしょう。これでフジのエースは宮司アナということで決まりですね。

B もちろん宮司アナの評価は高いんだけど、もう一人、久慈暁子アナもここへきて評価をあげてきているようですよ。

A 17年に、人気モデルから鳴り物入りでのフジ入社。「クジパン」の司会を務めるなど、大いに期待されましたが、その後、個性を発揮できずにいまいちパッとしませんでしたが。

B 現在は、「めざましテレビ」のスポーツキャスター、土曜はメインキャスターを務めていますが、この半年で原稿読みの安定感が増し、発声もグッと腹に落ちてきたんだと、あるプロデューサーが褒めていましたよ。

C 久慈アナといえば昨年、半同棲が発覚したヤクルトの原樹理投手との関係はどうなっているんですかね?

B 19年のシーズンは、わずか12試合の登板に終わり、3勝7敗ととても評価に値する成績は残せませんでしたからね。今も関係が続いているかどうかはビミョーです。

A 原も今年は勝負の年、久慈アナも宮司アナとのエース争いが激化しそうですから、少なくとも電撃結婚なんてことはなさそう。インスタのフォロワー数では、宮司アナが23万に対し、久慈アナは42万と圧倒していますが、はたして。

〈座談会メンバー=A:女子アナウオッチャー・たなか是政氏、B:ワイドショー関係者、C:写真週刊誌記者〉

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”