芸能

有名人が引っ掛けられた詐欺の全容

 11年11月、元横綱の朝青龍から1億円を騙し取ったとして警視庁が男2人を逮捕するという珍事件があった。なぜ「珍」が付くのか。持ちかけた詐欺話があまりにも荒唐無稽だったからだ。

 社会部記者が解説する。

「09年に、男らは『フィリピンに保管する金塊を溶かして、現金化したあとに1兆円をモンゴルに投資したい』と朝青龍に持ちかけたのです。だが、金塊を持ち出すために1億円が必要だとして、2回にわたり1億円を振り込ませた。その際、男らは『M資金』の運用を任されていると言って、信用させたのです」

 この「M資金」とは狭義の意味では、第二次大戦後に日本が隠していた軍需品などの莫大な資産がGHQに接収され、極秘裏に運用されているという都市伝説の類いだ。この資金を管理すると称する人間が有名人や会社社長などに近づき、大金を持っていることをチラつかせ、ニセの融資話で逆に金を引き出そうとする詐欺が「M資金詐欺」だ。

 手口が類似するものに、存在しない「100万ドル札」を使う詐欺、アフリカの政府高官から資金援助の知らせが届く「ナイジェリアの手紙詐欺」、他にも「徳川埋蔵金」や「山下財宝」などをチラつかせる例がある。さらには、最近では黒い紙に特殊な液体をかけると高額のドル紙幣に変わる「ブラックドル詐欺」も存在する。

 これに踊らされた被害者の中には、全日空、富士製鉄(現・新日鉄住金)、日産、大日本インキの役員などの財界人の名前もあれば、78年に猟銃自殺した俳優の田宮二郎、国民的歌手グループ「フィンガー5」の元リーダーなどの芸能人もいる。

 パターン化された詐欺になぜ引っ掛かるのか。前述のように、手口を巧妙に変え、自称・宮家や政治家秘書など“それらしい”人物が騙す側に加わることもある。

 さらに、詐欺事件に詳しいジャーナリストの山岡俊介氏はこう付け加える。

「M資金では、あろうことか外務省のキャリアまでが引っ掛かったこともありました。企業役員や有名人などの大物であればあるほど、自分が大物だからこんな話が来るんだと勘違いしてしまう。現在、元スポーツ選手や芸能人など、多くの有名人が出資したものの配当が滞って事件化しそうなファンド投資詐欺を追っていますが、有名人は生活の浮き沈みが激しいのも騙される一因でしょうね」

 世事に疎い芸能人は詐欺師にしてみれば、いちばんチョロい存在なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功も呆れ顔…土田晃之が「元野球部」告白でまたも上がった大ブーイング
2
A-Studio新MCにキスマイ藤ヶ谷が発表されるも批判が相次いだワケ
3
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕