芸能

有名人が引っ掛けられた詐欺の全容

 11年11月、元横綱の朝青龍から1億円を騙し取ったとして警視庁が男2人を逮捕するという珍事件があった。なぜ「珍」が付くのか。持ちかけた詐欺話があまりにも荒唐無稽だったからだ。

 社会部記者が解説する。

「09年に、男らは『フィリピンに保管する金塊を溶かして、現金化したあとに1兆円をモンゴルに投資したい』と朝青龍に持ちかけたのです。だが、金塊を持ち出すために1億円が必要だとして、2回にわたり1億円を振り込ませた。その際、男らは『M資金』の運用を任されていると言って、信用させたのです」

 この「M資金」とは狭義の意味では、第二次大戦後に日本が隠していた軍需品などの莫大な資産がGHQに接収され、極秘裏に運用されているという都市伝説の類いだ。この資金を管理すると称する人間が有名人や会社社長などに近づき、大金を持っていることをチラつかせ、ニセの融資話で逆に金を引き出そうとする詐欺が「M資金詐欺」だ。

 手口が類似するものに、存在しない「100万ドル札」を使う詐欺、アフリカの政府高官から資金援助の知らせが届く「ナイジェリアの手紙詐欺」、他にも「徳川埋蔵金」や「山下財宝」などをチラつかせる例がある。さらには、最近では黒い紙に特殊な液体をかけると高額のドル紙幣に変わる「ブラックドル詐欺」も存在する。

 これに踊らされた被害者の中には、全日空、富士製鉄(現・新日鉄住金)、日産、大日本インキの役員などの財界人の名前もあれば、78年に猟銃自殺した俳優の田宮二郎、国民的歌手グループ「フィンガー5」の元リーダーなどの芸能人もいる。

 パターン化された詐欺になぜ引っ掛かるのか。前述のように、手口を巧妙に変え、自称・宮家や政治家秘書など“それらしい”人物が騙す側に加わることもある。

 さらに、詐欺事件に詳しいジャーナリストの山岡俊介氏はこう付け加える。

「M資金では、あろうことか外務省のキャリアまでが引っ掛かったこともありました。企業役員や有名人などの大物であればあるほど、自分が大物だからこんな話が来るんだと勘違いしてしまう。現在、元スポーツ選手や芸能人など、多くの有名人が出資したものの配当が滞って事件化しそうなファンド投資詐欺を追っていますが、有名人は生活の浮き沈みが激しいのも騙される一因でしょうね」

 世事に疎い芸能人は詐欺師にしてみれば、いちばんチョロい存在なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
2
ドS対応は健在! 欅坂46平手友梨奈、野外ライブ放水に「オレにかけて」の声
3
天海祐希が主演ドラマスタッフに「朝まで大激怒」(3)激怒の裏にライバルの存在
4
レギュラー番組で「大不調」!嵐・大野智に何が起きた?
5
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ