芸能

タッチ以上の何かが!?ラブリ、“女友達へのキスで警察沙汰“報道に飛んだ憶測

 NEWSポストセブンは3月11日、モデルのラブリが友人と旅行中に“過剰なスキンシップ“によって警察沙汰のトラブルに巻き込まれたと報じている。

 同サイトによれば、「事件」が起きたのは昨年夏。男女数人の友人らと地方へ一泊旅行に行った際、酒に酔ったラブリが「宿泊先の部屋で女友達のA子さんにしなだれかかって、キスしたり、ボディタッチをしたり」したのだという。

 また、「彼女は昔からかわいい女性が大好きで、ちょっと悪ノリしてしまうところがある。その日もあくまでスキンシップの1つとして、ちょっかいを出したつもりだったんでしょう。ところが、A子さんはショックだったようで…」との友人の証言も伝え、思い悩んだ“A子さん“は最終的に警察へ相談し、「ラブリに無理やり関係を迫られた」と訴えるに至ったようだ。

 今年1月に警察から連絡を受けたラブリは突然事情聴取を受け、“絶対にあり得ない“と友人からの訴えに驚いていたとのことだが、ふだんからのスキンシップの多さや、旅行に行くほどの仲である友人をそこまで怒らせてしまったことを反省しているとも綴られている。

「酩酊の末のじゃれ合いが一転、“無理やり関係を迫られた“案件にまで発展してしまったようですが、親しき間柄だからこそのスキンシップだというラブリ側と、警察に通報するほど悩まされ、しかも単なるスキンシップではなく、“関係を強要されそうになった“と主張した友人側とで、双方の間にある解釈の違いは少々不可解とも言えます。ネット上でも『された側の受け取り方なので、ラブリさんが酔って悪意のないスキンシップだとしても、悪いのはラブリさんでしょうね』『同性からでもイヤなもんはイヤです。同性からの性的嫌がらせって実際時々ある』というラブリ側に非があるとする声から、『一緒に旅行に行くほどの仲なら、イヤなことははっきりイヤだと言えばよかったのに。夏の出来事を今さら警察に行くとか…』『本人に辞めてって言えば良いのになぜ警察が出てきた』との指摘もある。一方で、酔った状態でのスキンシップが警察沙汰にまで発展した裏には、軽いボディタッチ以上の何かがあったのでは?と勘ぐるコメントも多く寄せられています」(テレビ誌ライター)

 これが仮に男性から女性に対する好意であったとすれば、悪気や記憶がなかったとしても大問題となってしまうことは間違いない。いずれにしても、ラブリはしばらく悪ノリのスキンシップは控えていく必要がありそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由