芸能

事務所退所・海外留学報道のブルゾンちえみに“称賛の声”のみが上がる虚しさ

 3月14日に3月いっぱいで、所属するワタナベエンターテインメントを退社し、海外留学に留学することが報じられた、お笑いタレントのブルゾンちえみ。

「伝えられているところによれば、あくまで円満退社だったとのこと。18年の西日本豪雨による地元・岡山でのボランティア活動がきっかけで視野を広げようと、ヨーロッパ各国への留学を決意したといいます。13日には『NEWSポストセブン』ですでに退社について“事務所と真剣交渉中”と報じられており、もともと外国人男性好きであることや、すでに米ニューヨークも活動拠点としている渡辺直美へのあこがれがあったという。ただ、芸能界からはいったん距離を置くというのが大方の予想ですね」(芸能記者)

 ブルゾンは17年元日に放送された「ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP」(日本テレビ系)に、「ブルゾンちえみ with B」として出演し優勝。一気にブレイクしたが、目立っていたのは2年程度で、最近は「ヒルナンデス!」や「行列のできる法律相談所」(いずれも日本テレビ系)などレギュラー番組はあるものの、その存在感はかなり薄いものとなっていた。

「芸人としては完全に一発屋だっただけに、ギリギリでレギュラー番組があるうちの転身は、最高の選択だったといえます。ネット上でも今後の活動を応援するとともに、《引き際が絶妙》《しっかり自分の人生を考えてるんだろうな》《自分をよく分かっている》といった称賛の声がほとんど。世間も芸能人として彼女がすでに限界に来ていることをよくわかっていたということでしょうね」(前出・芸能記者)

 惜しまれないのも少々寂しい気がするが、別の分野での活躍を期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」