芸能

NHK桑子真帆が「フリー転身」を有働由美子にマル秘相談(3)オヤジキラーの一面も

 人気・知名度は疑う余地のない桑子アナだが、フリーアナ戦国時代で生き残ることはできるのか。丸山氏はこう見ている。

「アナウンス力がずば抜けて高いわけではありませんが、報道番組はもちろんのこと、トークもできるし、アシスタントとして番組も回せる。バランスがいいので、フリーになっても一定の需要はありそうです」

 広島放送局に勤務していた若手時代には、子供向けバラエティー番組「ワラッチャオ!」で初代お姉さん役を担当。金髪カツラでギャル女子高生のコスプレをしたり、芸人の小島よしお(39)とダンスを踊ってハジけるなど、バラエティーへの対応力は折り紙つき。

 不安材料を挙げれば、過去に平昌冬季五輪の開会式で「閉会式」と言い間違えたり、18年の紅白歌合戦で優勝したのは白組なのに「紅組」と間違ってアナウンスしてしまったことがあり、大舞台でやらかしてしまう印象は否めない。

 それでも桑子アナは、そんなチョンボをカバーしてしまう、エロすぎボディを隠し持っていた。

「意外に見せたがりタイプなのか、『ニュースウオッチ9』でボディラインがはっきりとした衣装を着ている時があるので、見逃し厳禁。着衣の上からでも『ロケット乳』の持ち主であることがわかり、横乳のアングルや机の上に巨乳を置く乳乗せショットは注目です」(丸山氏)

 18年の紅白では、シャンパンゴールドのドレスで登場。デコルテを大胆に露出したドレスは少し前かがみになると、推定Fカップのバストがこぼれ落ちそうになるほどだった。

 エロボディという「武器」だけでもメロメロなのに、オヤジキラーの一面も持っているという。

「現場で高飛車な態度を取ることはなく、わからないことがあれば自分から素直に質問してくるので、ベテランスタッフの信頼が厚い。時間が合えば後輩やスタッフと飲みに行くのですが、酔っぱらうとカラミ酒になり、『私ってキレイでしょ?』と毎回のように聞いてくるんです。『キレイですね~』と答えると、うれしそうにはにかみ、その姿を見たおじさんはみんな桑子ファンになってしまう」(NHK関係者)

 どの路線で勝負してもフリーで成功することは間違いないだろう。それよりもオヤジ視聴者にとっては、朝の番組への配置換えで、艶っぽい衣装を着る回数が減らないことを願うばかりである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること