芸能

NHK桑子真帆が「フリー転身」を有働由美子にマル秘相談(3)オヤジキラーの一面も

 人気・知名度は疑う余地のない桑子アナだが、フリーアナ戦国時代で生き残ることはできるのか。丸山氏はこう見ている。

「アナウンス力がずば抜けて高いわけではありませんが、報道番組はもちろんのこと、トークもできるし、アシスタントとして番組も回せる。バランスがいいので、フリーになっても一定の需要はありそうです」

 広島放送局に勤務していた若手時代には、子供向けバラエティー番組「ワラッチャオ!」で初代お姉さん役を担当。金髪カツラでギャル女子高生のコスプレをしたり、芸人の小島よしお(39)とダンスを踊ってハジけるなど、バラエティーへの対応力は折り紙つき。

 不安材料を挙げれば、過去に平昌冬季五輪の開会式で「閉会式」と言い間違えたり、18年の紅白歌合戦で優勝したのは白組なのに「紅組」と間違ってアナウンスしてしまったことがあり、大舞台でやらかしてしまう印象は否めない。

 それでも桑子アナは、そんなチョンボをカバーしてしまう、エロすぎボディを隠し持っていた。

「意外に見せたがりタイプなのか、『ニュースウオッチ9』でボディラインがはっきりとした衣装を着ている時があるので、見逃し厳禁。着衣の上からでも『ロケット乳』の持ち主であることがわかり、横乳のアングルや机の上に巨乳を置く乳乗せショットは注目です」(丸山氏)

 18年の紅白では、シャンパンゴールドのドレスで登場。デコルテを大胆に露出したドレスは少し前かがみになると、推定Fカップのバストがこぼれ落ちそうになるほどだった。

 エロボディという「武器」だけでもメロメロなのに、オヤジキラーの一面も持っているという。

「現場で高飛車な態度を取ることはなく、わからないことがあれば自分から素直に質問してくるので、ベテランスタッフの信頼が厚い。時間が合えば後輩やスタッフと飲みに行くのですが、酔っぱらうとカラミ酒になり、『私ってキレイでしょ?』と毎回のように聞いてくるんです。『キレイですね~』と答えると、うれしそうにはにかみ、その姿を見たおじさんはみんな桑子ファンになってしまう」(NHK関係者)

 どの路線で勝負してもフリーで成功することは間違いないだろう。それよりもオヤジ視聴者にとっては、朝の番組への配置換えで、艶っぽい衣装を着る回数が減らないことを願うばかりである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之が明かした島田紳助のテレビでは見せなかった“ア然”エピソード
2
手越祐也「芸能活動休止」で「中村倫也に熱視線!」の理由
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
岡副麻希を圧倒!田中理恵が見せた“ボディ真っ二つ”前屈の貫禄と“色香”
5
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!