芸能

萩本欽一「スーちゃん突然のアポなし訪問と女優復帰に隠された“一大決心”」(1)

 72年、「あなたに夢中」でデビューしたキャンディーズ。「年下の男の子」などのヒット曲でたちまちトップアイドルになりました。

 しかし、78年「普通の女の子に戻りたい」と解散。

 その2年後、田中好子さんことスーちゃんは僕の番組「欽ちゃんのどこまでやるの!?」(テレビ朝日系)で芸能界に復帰します。

「普通の女の子に戻ったんじゃないのか!」。あの時、スーちゃんはずいぶんとマスコミに叩かれました。

「そうじゃないんだ!」。僕はそう叫びたかった。

 でも、その当時は僕とスーちゃん、2人だけの内緒話だったし、発言できなかったのです。

 今はスーちゃんも天国にいます。もう、話しても許してくれるでしょう。

 あれはキャンディーズが解散して1年半ぐらいたった頃でした。スーちゃんが、僕の東京の自宅兼事務所を訪ねてきたのです。

 それまで僕はスーちゃんとまったく面識がありませんでした。キャンディーズは渡辺プロダクションの所属で、当時、僕の「欽ちゃんのドンといってみよう!」(フジテレビ系)の裏番組が、渡辺プロ制作で「ザ・ドリフターズ」の「8時だョ!全員集合」(TBSテレビ系)でした。

 だから、渡辺プロのタレントさんは「全員集合」に出て、「欽ドン!」に出演することはなかったのです。

 そして、キャンディーズの解散‥‥。本当なら僕とスーちゃんは一生、顔を合わせる機会がなかったはずです。

 そのスーちゃんの突然のアポなし来訪。どうやら、僕のインタビュー記事を読んだらしいんです。

「一度も会ったことがないのに、こんなふうに突然、訪ねてきてごめんなさい。私、あの記事を読んですごく感激したんです。何か考え方とかも、ものすごく感じるものがあって、それで萩本さんにどうしても会いたくなっちゃったんです」

 いろんな話をしたのですが、僕が「もう、芸能界には復帰しないの?」と聞くと「しません」。スーちゃんはキッパリと答えました。

「弟が1人いて、病気なんです。骨髄の難病で、いつ死ぬかもわからないんです。だから私、毎日看病してるんです。これからもずっと弟のそばにいてやりたいんです。何年かかっても、弟の看病を続けます」

 僕が「スーちゃんは弟さん思いなんだねぇ。でも、スーちゃんが働かないで弟さんのそばにずっとついてあげてるのは、本当に弟さんのためなのかな?」と聞くと、「はい。弟のことをいちばんわかってるのは私だし、弟も安心だと思うんです」とスーちゃん。

 その言葉を聞いて「それは違う」と僕は言いました。

「弟さんはスーちゃんにそばにいてもらって、うれしいと思いながらも、ちょっぴり負担を感じてるよ。スーちゃんの生活を自分の看病に明け暮れさせてしまう負担をさ。それに弟さんは働けない。働きたいと思っても、病気で働けないんだよね。そしたら、スーちゃんがその弟さんの望みをかなえてあげるためにも『あなたの分もお姉ちゃん、働いてるのよ。あなたはゆっくり休んでなさい』。そう言うほうがいいと思うよ。そしてさ、働く姿を弟さんに見てもらったほうがいいね。

 普通の会社だとダメだけど、テレビならいつでもお姉ちゃんの働いてる姿が弟さんにも見える。『お姉ちゃんは僕の分もあんなに一生懸命、働いてくれてる』とテレビならそれがわかるんだから」

 僕の言葉を聞いて、5分近く黙り込んだスーちゃんでしたが、急に真剣な顔つきになり、「私、テレビに出ます! 私、そばにつきっきりがいちばんいいと思ってたけど、間違っていたみたい。テレビに出ます!」。

「でもね、スーちゃん、またテレビに出ると、マスコミからいろんなことを言われるよ。その覚悟はできてるの?」

「大丈夫です、私。弟のためなんだもん」

「そうだよね。弟さんのためだったら、どんなひどいことを言われても大丈夫だよね。そしてさ、このことは僕とスーちゃんだけの内緒にしておこうね。人前で『弟のために復帰しました』なんて言うのは、病気の弟さんをダシにしているみたいでよくないよ」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田口淳之介・小嶺麗奈を奈落の底に突き落とした業界の“ジャニーズ忖度”
2
選ぶ男を間違えた?川栄李奈、意味深ツイートが危うくさせる女優イメチェン
3
不仲説は違った!?西野七瀬、乃木坂46白石麻衣とのペア写真公開にファン歓喜
4
渡哲也が激怒した石原軍団「解散撤回」までの暗闘(1)異例の取材シャットアウト
5
大股開きで“黒い部分”も披露!岡副麻希が大胆ハッスルを繰り出すワケ