芸能

吉幾三「難病克服で復活怪気炎」(2)何よりも“人の情け”に感謝した

 突然の緊急入院の報道は、多くの歌手仲間にも衝撃を与えた。中でも“兄弟”と呼び合う間柄の山本譲二(63)は、吉の入院直後にみずからのブログでこう心情を吐露している。

〈お前が元気じゃないと、俺の人生は無に等しいのだから。頑張ってくれ、吉幾三! 俺の親友へ〉(山本譲二オフィシャルブログ ぶち好きやけー 2月24日付より)

 このブログを読んだ吉は涙が止まらなかった。

「山本譲二とは、入院前まではよく飲みに行っていたんだけど、最近は僕から誘っても『食事はつきあうけど、飲みはつきあわないぞ』と言われましたよ(笑)」

 その人なつっこい性格ゆえ、芸能界でも幅広い交友関係を誇る吉だが、今回の闘病で、何よりも「人の情け」に感謝することが多かったという。

「千昌夫さん(66)と最近、食事をしたんだけど、女房の前で『タバコも酒もやめろ、自分のことをもっと大事にしろ』と説教されてね。久しぶりに怒られましたよ(笑)。川中美幸ちゃん(57)は今も時々『大丈夫? (お酒)飲んでない? 飲んじゃダメだよ』と電話が来る。みんなに心配をかけて、メッセージをもらって‥‥ありがたいと涙が出た。思い出すと胸が熱くなる」

 これまで健康についてはほとんど顧みることがなかったというが、大病の経験を経て、ライフスタイルも大きく変わったという。

「(病気をする以前は)移動はほとんど車ばかり。子供の運動会ですら走ったことがなかった。それが最近はウオーキングするようになって、毎朝1万歩歩いている。地方公演の時でもホテルの周辺を必ず歩くようにしていますよ。そうすると今まで見えてこなかったモノや景色が見えるようになってね。ああ、ここにこんな店があったんだとかね。神社仏閣があると、ちょっと立ち寄ったりして『家族やスタッフ、私に関わる全ての人が元気でありますように』とお参りしたりね。自然と感謝の言葉ができてきますよ」

 病を経て、これまで仕事中心の生活から、家族との時間をとても大事にするようになったという。

「忙しいかもしれないけど、朝1杯のコーヒーの時間だけでも作るとか。僕も言えた義理じゃないけど、病気のあとは家族との時間が大幅に増えたよ。思えば僕は人生の節目によく病気をした。デビュー20周年には肺炎で入院したし、35周年の前には肝炎も患った。その時に支えてくれたのが家族だった」

 家族のありがたみをしみじみかみしめるのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
3
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」