社会

コロナパニックでヤクザが「本物の極道」と評したのは「あの国」のリーダー!

 口と鼻を覆うのがやっとの小さな布マスクをつけて、必死に答弁する。「緊急事態宣言」を出すまで、我が国のリーダーの姿に不安を覚えた方は多いだろう。

 それはアッチの業界の方々も同じだったようだ。ヤクザウォッチャーが言うには、

「ヤクザの組長は基本、即決即断です。たとえ間違っていても、決断は早ければ早いほどいいと考えますから、ヤクザ業界では、なかなか緊急事態宣言を出せずにいた安倍晋三総理の評価は高くないですよ」

 ということらしい。代わって、評価を高めている人物がいるという。

「ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領です。バリバリの右翼なのですが、コロナウイルスを『ちょっとした風邪にすぎない』と一蹴して、国民に経済を回すことを優先しようと訴えかけています」(前出・ヤクザウォッチャー)

 その、訴えかける大統領の演説がヤクザのお気に入りらしい。3月下旬に大統領官邸前に集まった支持者に対して、ボルソナロ大統領はこう言った。

「ウイルスは存在する。子供のようにふるまうのは辞めよう。私たちは立ち向かわなければならない。男らしく戦おう!」

 そして、ヤクザがシビれたのは「どうせ私たちはいつか死ぬのだから…」とボルソナロ大統領が付け加えたところだとか…。

「不景気に喘ぐヤクザですから、経済を回すことを優先させることに感じ入ったのかもしれませんが、何より自分の命を顧みずに、戦いに挑む、そこにヤクザは感激するらしく、まさに『本物の極道だ』となっています」(前出・ヤクザウォッチャー)

 ブラジルのコロナ感染者は1万人を超えている。それでも、大統領の経済優先は変わっていないという。さすがにヤクザも、そんな国に生まれなくてよかったと思っているのでは?

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ