女子アナ

桑子真帆“朝の顔”に変わっても隠しきれない迫力バストの刺激が強すぎる!?

「1週間終わりました、いまどっと疲れが出ていますけれども…」

 4月3日、NHK早朝のニュース番組「おはよう日本」の終了後、公式ホームページの動画でこう語っていた、桑子真帆アナ。去る3月30日から、同番組のメインキャスターを務めていた和久田麻由子アナと“トレード”という形で「おはよう日本」へと移ったが、視聴者は戸惑いつつも、“朝の顔”としての彼女に大いに注目しているようだ。

「それまで6年間『おはよう日本』を務めた和久田アナは、ファンの間で“わくまゆ”の愛称で親しまれ、癒やし系の笑顔で世の出勤前のオジサンたちを元気づけてきましたからね。一方の桑子アナは18年に離婚後、しきりにフリー転身説が囁かれ、今回のトレードに関しても“事実上の降格”とも言われるなど話題に事欠かないキャラ。さわやかさを求められる早朝のキャスターとして馴染めるのか、本人も多少の不安はあるのでは…」(週刊誌記者)

 もちろん、そうしたこともあって「おはよう日本」へ移ってからの桑子アナの衣装は、以前の夜向けのシックなものから、明るく淡めのものにスイッチ。画面からは、メイクのほうもナチュラルな雰囲気に変えていることがわかるが…。

「ただ、推定Fカップとされるバストは、変わらずその存在感をしっかり見せつけています。現時点では気を遣ってか、比較的ゆったりめの衣装が多いのですが、それでもウエストを絞ったタイプのワンピース姿だった登場初日や、ジャケットを羽織らない日などは、アングルによって隠しきれない迫力ボディが露わになる。和久田アナに見慣れていた視聴者は、少々刺激が強すぎるかもしれませんね(笑)」(女子アナウオッチャー)

 とはいえ、それも一つのウリ。慣れてきたらさらに“勝負”に出てほしいものだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」