女子アナ

桑子真帆“朝の顔”に変わっても隠しきれない迫力バストの刺激が強すぎる!?

「1週間終わりました、いまどっと疲れが出ていますけれども…」

 4月3日、NHK早朝のニュース番組「おはよう日本」の終了後、公式ホームページの動画でこう語っていた、桑子真帆アナ。去る3月30日から、同番組のメインキャスターを務めていた和久田麻由子アナと“トレード”という形で「おはよう日本」へと移ったが、視聴者は戸惑いつつも、“朝の顔”としての彼女に大いに注目しているようだ。

「それまで6年間『おはよう日本』を務めた和久田アナは、ファンの間で“わくまゆ”の愛称で親しまれ、癒やし系の笑顔で世の出勤前のオジサンたちを元気づけてきましたからね。一方の桑子アナは18年に離婚後、しきりにフリー転身説が囁かれ、今回のトレードに関しても“事実上の降格”とも言われるなど話題に事欠かないキャラ。さわやかさを求められる早朝のキャスターとして馴染めるのか、本人も多少の不安はあるのでは…」(週刊誌記者)

 もちろん、そうしたこともあって「おはよう日本」へ移ってからの桑子アナの衣装は、以前の夜向けのシックなものから、明るく淡めのものにスイッチ。画面からは、メイクのほうもナチュラルな雰囲気に変えていることがわかるが…。

「ただ、推定Fカップとされるバストは、変わらずその存在感をしっかり見せつけています。現時点では気を遣ってか、比較的ゆったりめの衣装が多いのですが、それでもウエストを絞ったタイプのワンピース姿だった登場初日や、ジャケットを羽織らない日などは、アングルによって隠しきれない迫力ボディが露わになる。和久田アナに見慣れていた視聴者は、少々刺激が強すぎるかもしれませんね(笑)」(女子アナウオッチャー)

 とはいえ、それも一つのウリ。慣れてきたらさらに“勝負”に出てほしいものだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」