芸能

志村けん死去で芸能界に蔓延する「志村パニック」(3)収録できず再放送だらけに

 一気に牙をむいて襲いかかってきた「コロナ禍」に、各局は必死の抵抗を見せている。

「4月の改編期のタイミングで、多少の収録済みの番組があるにはあります。しかし逆に言えば、これから制作するはずだった新番組の多くが収録を進められない。企画が総とっかえになる番組だらけでしょうね。今はいわゆる『Bプロ』の作りだめを進めている最中です」(プロデューサー)

 Bプロとは「Bプログラム」の略。通常放送予定の「Aプログラム」に対し、それが何らかの理由で放送されなかった場合の代替番組のことだ。

「昔はプロ野球のナイターが雨で中止になった時、頻繁に代わりの番組が流れていましたよね。ああいうことです。今は予算が少なく、そのためのオリジナル特番は作れないので、人気番組の再編集ものや、ドラマ、映画の再放送が多くなるでしょうね」(プロデューサー)

 国難と呼んで差し支えないこの状況下で、それに文句を言う視聴者は少ないだろう。だが、テレビ業界の苦境はこれに終わらない。広告代理店関係者が嘆く。

「一時を乗り切っても、2~3カ月後、あるいは半年後までには、日本経済そのものが未曽有の不況にさらされることはほとんど確実。そうすると、スポンサー企業の体力がなくなってくる。テレビから大規模なスポンサー離れが起きて、おそらく11年の震災の時のように『ACジャパン』のCMが一日中流れることになると思います。ひょっとしたら地方局の中には、経営が悪化して潰れるところが出てくるかもしれない」

 スポンサーがいなくなれば当然、番組の制作費が激減する。連鎖的に引き起こされるのが「高額ギャラタレントの一掃」だとみられているのだ。

「タレントはスケジュールを押さえるだけでギャラが発生します。各局では、高額ギャラながら、満足のいく視聴率を出せないタレントのリストラが一斉に加速するでしょう。大物は今後、間違いなく干される。逆に『お笑い第7世代』のような若くてギャラの安い芸人、タレントの需要が増加するはず。実際、各局がコロナ対策に本腰を入れ始めたこのわずかな期間で、そうした流れができつつあります。他にも、ネットコンテンツの充実化に向かう局も多くなっていくと思われます」(プロデューサー)

 視聴者のテレビ離れが叫ばれて久しいが、この「志村パニック」がテレビ局に致命傷を与えることがないよう祈りたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ