スポーツ

致命傷になる?松坂大輔の“右ひざ注射”に潜む“右肩痛”の悪夢

 今シーズン、古巣である西武ライオンズに戻った松坂大輔が右ひざを治療し、数日前から別メニューで調整していることが判明した。渡辺久信ゼネラルマネージャーは「40歳になれば、誰だってガタはくるよ」と一笑に付し、辻発彦監督も「潤滑油(注射)を打った」と軽症であることを力説していた。

 軽症であることは間違いなさそうだが、故障した箇所がよろしくない。ひざの故障は、投手生命にも影響しかねないのだ。

「右ひざを痛めていて、しっかりと体重を乗せられないと松坂は説明していました。痛みを取ればすぐに良くなる、注射をしたがあくまでコンディション目的のものと伝わっていますが、オープン戦で登板した時から踏み出した側の左足に体重が乗っていませんでした。投球モーションで左足を上げた時の“間”もない。この時点で、右足をしっかり使えていないから左足の動きまでおかしくなっているとの指摘は出ていたんです」(スポーツ紙記者)

 下半身がしっかり伝えていないと、右肩と右ひじへの負担が大きくなる。またその逆もあり、右腕を正しく動かしていなければ投げ急ぐような形となって左右のひざへの負担が大きくなり故障を招くという。つまり、今回のひざの負傷は、右肩、右ひじがまだ治っていないために起きたものでもあるのだ。

「松坂が右肩、右肘を故障するのは何度目か。ソフトバンク、中日を退団したのも右腕の故障が原因でしたからね」(ベテラン記者)

 今回の右ひざ負傷は軽症でも、これは松坂の右肩が“悲鳴”を上げている証でもある。開幕戦が遅延しているのだから、ゆっくりと治療し、自分の投球フォームも見直すべきだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」