芸能

TBS・江藤愛「地味キャラ」が「ポスト水卜ちゃん」に急成長(2)枡田絵理奈を蹴落とした

 TBS局員が振り返る。

「11年に『はなまるマーケット』の司会をしていた竹内香苗が、夫の転勤の都合で急遽、退社。その後任になったのをきっかけに、一気に存在感が増していった。当時の彼女のイメージは、レポーターレベルで番組全体の進行ができるとは思えませんでした。ところが、蓋を開けてみれば、当時、進行ぶりに定評のあった竹内の穴埋めが十分できるばかりか、安心して任せられると、司会をしていた岡江久美子さんも絶賛。それ以降、『代打・江藤』と陰で言われるほど、夏休みなどで不在になる、レギュラー出演している女子アナのピンチヒッターとして不動の地位を築いていきましたね」

 さらに、江藤アナが本格派アナに脱皮するための試金石となった人気番組がある。TBSラジオの「爆笑問題の日曜サンデー」だ。

「この番組は生放送で、毒舌でマシンガントークの太田光に対して、なかなかツッコミを入れづらい難しい進行役を、天然キャラでみごとに果たした。相方の田中裕二は進行を完全に江藤アナにお任せで、時にほとんどしゃべらないことも。さらにはセクハラ発言もさらりと笑顔でかわすワザも発揮するなど、猛獣使いとしてのスキルも周囲が認めることとなったのです」(制作会社関係者)

 いわば「大器晩成」とも言える江藤アナにチャンスが訪れたのが、14年のこと。ここでもピンチヒッターとして起用されたが、これが大躍進につながったというのだ。制作会社関係者が明かす。

「彼女の評価が決定的となったのは、14年の『ひるおび!』キャスター就任。当時、番組は、アイドル的人気の高かった枡田絵理奈アナが担当。江藤アナは月曜だけの曜日担当にすぎなかった。ところが、その進行ぶりで評判が高くなり、アドリブにも対応力が高いことを証明した。加えて、主婦層の人気もあることがわかり、最終的には、枡田アナを蹴落として、進行役をゲット。今や群雄割拠の昼のワイドショーでも高視聴率をキープして、抜群の安定感を誇っています」

 しかも、女性視聴者の後押しでブレイクしたにもかかわらず、ここにきておじさん人気にいっそう拍車がかかるばかり。その理由を、女子アナウオッチャーが語る。

「女子アナファンの間でも注目を浴びている理由は他でもない、衣装にあるんですよ。青学出身の彼女はふだんの衣装がまさにコンサバで夏はノースリーブ、冬は体にフィットした『男殺しニット』がもっぱら。とにかくエロいんです。しかも『ひるおび!』就任以降、一時はプレッシャーもあってかなり痩せてしまったんですが、バストのハリは依然として健在。ツンと上を向いた釣り鐘形のバストラインがセーター越しからでもくっきりとわかるほどで、この衣装目当てで、昼休みにテレビの前に釘づけになる人が多い。12時近くなると視聴率がグンと上がることでも一目瞭然でしょう」

 しかもサービス精神旺盛な江藤アナだけに、毎日の「ひるおび!」の衣装を自身のブログにアップしていたというから、おじさんファンが急増殖するのも無理からぬことか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
綾瀬はるかが登場!?「青天を衝け」視聴率爆下げもNHKが企む秘策とは?
5
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?